気室やポケットなど、それぞれの収納力は?

カタログ上では、TR10は10L、ADV SKIN 12は12Lですが、これらはメーカーによっても異なりますし、純粋な比較が難しい数字と考えてください(過去にカタログに6Lと書いてあるのに15Lくらい入るザックもありました笑)。

MARK GEAR by Run boys! Run girls!
MARK GEAR by Run boys! Run girls!

ちょっと写真ではわかりづらいかもしれませんが、背面の一番大きい気室はTR10の方が大きく感じます。必携品をイメージしてレインウェア上下(あえて若干かさばるモデルをチョイス)、とフリースの保温着の3着を入れて見ましたが、ADV SKINがメイン気室ちょうどぴったりだったのに対して、TR10は少し余裕がありました。また、生地にハリがある分、TR10の方が出し入れがしやすく感じます。

次にバックポケット、こちらはADV SKIN 12の方が大きく感じますが、位置がメインの気室の内側になります。つまり、ここにものを多く入れたり硬いものを入れるとザックのフィット感に影響が出ます。ただし、ウインドシェルを一枚入れるくらいではフィット感に影響は出ませんでした。あと、バックポケットの位置が少し高いため、体が硬い方は物の出し入れが少ししにくいかもしれません。僕はちょっとしづらかったです。逆にこのザックでトレイルを走ったスタッフの平野はそんなことないと言ってましたので、個人差があると思います。TR10のバックポケットは外側なので、物を入れてもフィット感に影響しづらいのと、位置がADV SKIN 12より低いので、体の硬い僕でも物の出し入れがしやすかったです。

最後にフロントポケット。ポケット数で行くと、ADV SKIN 12が9個、TR10が7個(フロント+サイド)とADV SKIN 12の方が多いです。ADV SKIN 12はフロントのメインポケットにそれぞれジップ収納がついているのがポイント。携帯や落としたくないものを入れるときに重宝します。また、メインポケットの内側には薬や小さめのサプリメントを入れられる小袋もついています。

MARK GEAR by Run boys! Run girls!

一方のTR10はポケットの数は少ないですが、フロントポケットのサイズも十分、内側には携帯を収められるジップポケットも一つありますし、決して容量が少ないとは感じません。むしろこれでもとても多いです。TR10のフロントのいい点は、一つ一つのポケットが干渉しづらくなっていること。ADV SKIN 12は、フラスクポケットとメインポケットが重なっているため、フロントポケットにたくさん物が入っている状態だと、フラスクの出し入れが少ししづらくなります。TR10のポケットはそういうことがありません。

MARK GEAR by Run boys! Run girls!
MARK GEAR by Run boys! Run girls!

収納力に関しては、容量、使い勝手を考えると若干TR10の方が良いかなと思います。

(次ページ)好みで選びたい、それぞれのフィット感にも注目!

販売ページ
SALOMON/ADV SKIN 12 SET
http://shop.rb-rg.jp/?pid=140848425

THE NORTH FACE/TR10
http://shop.rb-rg.jp/?pid=141165315

1 2 3 4 5 6