Q 食事で気をつけることはなんですか? 食べてはいけないものって?

いちばん大切なのは朝食。朝食は体温を上昇させ、その日の活動のエネルギー源となります。取るか取らないか、何を食べるかでその日1日のパフォーマンスや疲れ具合を左右するので、朝食抜きは厳禁!

また、朝食の定時を決めて規則正しい生活リズムを刻めると、自律神経の働きを整えることにもなるので一石二鳥。甘い朝食、お菓子、清涼飲料水は「疲労食」と捉え、摂取を避けましょう。

監修:山田知生
スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター兼アスレチックトレーナー。プロスキーヤーとして活動した後に渡米、スポーツ医学とスポーツマネジメントの修士号を取得。同大の男女水泳、野球、男子バスケチームなどを担当する。臨床経験15年以上。

(次ページ)→Q 身体を動かしたいけれど、毎日疲れすぎて運動なんてできません。

1 2 3 4 5 6

※2018/11/28発売mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』転載記事

「mark 10」は全国書店と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~09号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!
オンライン販売 amazon