マラソンシーズンは今が盛り。3月3日には日本最大のマラソンイベントである東京マラソンも控え、都内を走るランナーは数も増え、みなシリアスに練習している印象があります。

そんな中、STRAVAが日本のランナーにフォーカスした興味深いデータを発表したので、引用しつつご紹介していきましょう。フルマラソンをサブ3で走る男性と、サブ3.5の女性、いわゆるエリートランナーとそれ以外のランナーには「3つの壁」があると同社のデータが明らかにします。

データは、2018年に日本各地で行われたマラソンイベント参加者から抽出。イベント当日から3ヶ月前まで期間を集計したものだそう。いわゆる走り込み期間に、エリートランナーたちがどれだけの練習をしていたか、見てみましょう。

1.時間の壁 エリートは週5時間以上を走っている

男性のサブ3ランナーは週に5時間33分21秒、女性のサブ3.5ランナーは週に5時間27分を平均で走っているとのこと。男性のサブ3.5は4時間18分24秒、女性のサブ4は3時間57分48秒と、エリートランナー週5時間以上の壁が存在することがわかります。

runneranlysis

グラフが如実に示す通り、サブ4、サブ4.5、サブ5…といくにつれて、週間平均のランニング時間は減少しているのがわかります。やはり速く走りたければ、長く走れということか。しかし、次の「壁」はただ時間を長く走ればよいのではないと、教えてくれます……。

(次ページ)→2.頻度の壁 エリートは週5回以上走っている

1 2 3 4 5