ナイキ初の3Dプリントを採用した競技用フットウェアのテキスタイルアッパーであるフライプリント。そのフライプリントを搭載したモデル、ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリートフライプリントが3月4日に日本国内で初めて発売されます。最新技術の粋を集めたシューズの発売方法にも注目が集まります。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント
¥81,000(税込)

開発のきっかけは2017年9月のベルリンマラソン

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントは、マラソンの世界記録を持つキプチョゲのフィードバックをもとに開発されたもの。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント

2017年9月に大雨と湿度99%という環境の中で行われたベルリンマラソンの後に、ナイキのデザイナーが荒天によるパフォーマンスへの影響をキプチョゲに聞いたところ、彼が履いていたシューズ(=ナイキのマラソン2時間切りプロジェクトBreaking2の挑戦で着用したことで有名になったナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート)が水を吸い、大雨で水分が蒸発しなかったため、予想よりシューズが重くなったことを受けて開発に取り掛かったということです。

問題解決のために選ばれたのは3Dプリントを採用したアッパー

デザイナー達はソール部分はそのまま維持しながら、新しいアッパーを開発。問題を解決することにフォーカスし、実験を行なっていた機能的な3Dプリントを採用したアッパーが採用されることになりました。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント

2018年4月、ロンドンマラソンでキプチョゲは新しいアッパーを採用したナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントを着用し優勝。シューズは、キプチョゲがモンツァとベルリンで着用したものよりも11g軽くなっているのだそう。

ニット加工、または織物加工されているアッパー素材は、交差している繊維同士に摩擦が起こるため、引っ張り強度が高まると同時に、足を適切な位置で安定させることができるようになっていることも大きなトピックスのひとつです。

日本国内で初めて、ナイキ原宿で数量限定。入手するには?

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントは、2019年3月4日(月)に日本国内で初めて、ナイキ原宿で数量限定で販売されます。

今回はその特殊な販売方法にも注目が集まります。男性はフルマラソンでサブ3時間、女性はフルマラソンでサブ3.5時間という購入資格を満たした上で応募。応募者の全ての申請タイムが集計され、商品のサイズごとにタイムの速い順から優先購入権が付与されるというものです。応募条件を満たし、3月4日(月)7:30AM〜8:30AMの間にナイキ原宿に並んだ方が対象となります(受付の順番は当落の選考に関係しないとのこと)。

詳しくは下記のウェブサイトまで。
https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/running/zoom/flyprint