(写真 清水健吾 / 文 礒村真介(100miler))

心拍数や心拍変動による体調管理が身近になったのは、2010年代に入ってウェアラブルなガジェットが出そろい始めたから。ここで紹介するアクティビティ・トラッカーたちは、日常的に身につけてさえいれば、あなたのカラダをあなた以上に理解してくれるはず。

リストバンドのように さりげなく身につけよう

ハイエンドモデル「ForeAthlete 935」よりカジュアルな、リストバンド型タイプ。心拍計測や歩数計、睡眠モニター、スマホの着信通知などの機能を搭載するが、特筆すべきは1日のストレスを計測してくれること。HRV(心拍変動)を計測することで、ストレスレベルを判定し休息を促してくれる。スポーツで競技レベルを追求せず、日常生活のクオリティを上げたいのであれば十分以上の機能性だ。


GARMIN – VIVOSMART 4
¥16,482(ガーミンジャパン)
重量:16.4g
稼働時間:最大7日間
GPS 機能:なし
防水性:プールでの水泳レベル

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/vivosmart-4-black-r/

※2018/11/28発売mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』転載記事

「mark 10」は全国書店と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~09号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!
オンライン販売 amazon