onyourmarkでこの冬イチオシしている自転車競技、シクロクロス。東京都内で唯一開催される大会が、稲城クロスです。参加はもちろん、観ても楽しい「自転車の障害物競争」、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

inagicross

2018年秋に初開催された稲城クロスは、現在東京都下で開催されるただ一つのシクロクロスレース。多摩地区に位置する稲城市といえば、ロードサイクリングのメッカ「尾根幹」の出発地点であり、都心のサイクリストにはおなじみの地域。東京オリンピックの自転車ロードレースのコースにも採用され、地域の自転車機運が高まっています。

開けた多摩川の河川敷で開催される稲城クロスは、シクロクロスをより多くの人に、気楽に楽しめる普及大会というコンセプト。初級者・中級者を対象とし、トップカテゴリーのカテゴリー1およびカテゴリー2は開催されません(ただしオープンレースへの参加は可能)。

inagicross

コースも一周1.6kmと短く、初心者でも気兼ねなく走れます。必然的に周回が多くなり、選手が何度も目の前を通過するため観戦をしても楽しめるのが特徴。ロードバイクしか持っていない、という方もぜひ自走で見に行ってみると、ロードとは違う自転車の世界に驚くことうけあいです。

ちなみに2018年秋は、台風の影響でコースはドロドロ。泥パーティと化したコースに、オトナたちは童心に帰って遊びつくしたのでした。なお、今大会はバレンタイン前ということで、カップル向けのバレンタインレースも開催されます。果たしてお互いへの愛を、自転車の上で確認し合うロマンチックなレースになるのでしょうか。

OYM編集部きっての自転車好き、Yuftaが今大会のMCを務めます。編集部内からもレースに参加予定です。みなさん、現地でお会いしましょう!

inagicross

稲城クロス
日時:2019年2月11日(月祝)AM9:00〜
会場:稲城市北緑地公園
申し込み:スポーツエントリーから
公式サイト www.inagicross.tokyo

キッズのサイクリングスキルをUP! Kid’sサイクルチャレンジ稲城も同時開催

会場脇では、地元のサイクリングチーム 東京VENTOSの選手を講師に迎え、小中高生を対象にした自転車講習会 Kid’sサイクルチャレンジ稲城も同時に開催されます。

inagicross

参加人数とレベルによってグループ分けをし、自転車の安全な乗り方やスラローム、模擬レースなどを織り交ぜて楽しく自転車に乗るスキルを学びます。お子様に自転車を楽しんでほしい親御さんはお見逃しなく!

日程:2月11日(月・祝)午前の部10:00〜12:00(受付9:30〜)午後の部13:00〜15:00(受付12:30〜)
定員:午前20名・午後20名、合計40名
会場:稲城市北緑地公園
対象:小学生〜高校生(性別不問)
内容:自転車の安全な乗り方、スラローム、模擬レース等
申し込み:スポーツエントリーから