医療保険破綻が危惧される2025年問題、やがて迎える超少子高齢化社会。こうした社会情勢を受けて一躍、盛り上がりを見せているのが、ヘルステック(ヘルスケア+テクノロジー)市場だ。スマホで禁煙、声でメンタル不調を未然に防ぐ、アスリート垂涎のセンシングアパレル…… 。ヘルスケアの領域に、最新のテクノロジーはどんな変革をもたらすのか。ヘルステックの現場から、未来を牽引するモノ、事象をご紹介。

声を解析して心の健康状態を捉える、日立システムズのクラウド型サービス。

メンタル疾患の予防や未病の早期発見に寄与するという。

メンタルヘルス対策は社会課題となっているが、従来の自己記入式のストレスチェックや問診、面談に加え、本人の意図に左右されず、かつ手軽に心の状態をチェックできる仕組みが求められてきた。

音声こころ分析サービスでは、スマホや携帯電話などで録音した音声データから不随意運動である声帯の変化を分析して心の健康状態を数値化する。

分析結果はわずか15秒ほどで利用者のスマホやPCに送られ、心の不調の自覚と早期対策を促す。

また、この分析結果は利用者本人だけでなく管理者も参照可能となっており、メンタル不調の予兆が見られる利用者を早期発見し、必要な支援を与えることができる。

今後は企業の健康経営、遠隔医療の分野での活用も期待されている。

https://www.hitachi-systems.com/solution/s0308/mimosys/

(文 倉石綾子)

※2018/4/20発売「mark09 カラダのミライ」転載記事



「mark09 カラダのミライ」は全国書店(一部コンビニエンスストア)と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~08号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon

最新号mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』も発売中!


オンライン販売 amazon