過酷なTJARのレース中で休息をとるために、最低限の仮眠をする望月将悟選手(写真 藤巻翔)

11月28日にonyourmarkの雑誌版「mark」の最新号が発売されました。10号目となる「mark 10」の特集テーマは“明日のために 本当の休息”です。

最新の科学と経験を盛り込んだベストセラー書籍「スタンフォード式 疲れない身体」を指針として、自転車ロードレース=ツール・ド・フランスや、415kmを駆け抜ける厳しい山岳レース=トランス・ジャパン・アルプスレース(TJAR)、青山学院大学陸上競技部などを例に、スポーツにおける疲労がどうマネジメントされているかを紐解きます。また表紙には、今年マラソンの日本記録を破った大迫傑選手が登場しています。

そんな「mark 10」の発売を記念し、12月18日(火)に代官山 蔦屋書店におきましてトークイベントを実施することが決定いたしました!

本イベントでは「mark 10」においてフォーカスした“疲労と休息”をベンチマークしながら、今年のTJARにおいてスタートから全ての食料と装備を全て携行する「無補給完走」を果たした望月将悟氏と、TJARはもちろん国内外で数々のトレイルランニングレースを取材し続けてきたDogsorCaravan編集長の岩佐幸一氏を迎えてトークイベントを開催。モデレーターとしてmark編集長の松田正臣も登壇し、TJARをテーマに、エンデュランスレースにおける“疲労”と、そこから回復させるための“休息”の重要性について語り合います。

定員60名・先着制となっておりますので、TJARに興味のある方はもちろん、スポーツや日常生活において疲労と休息のマネジメントについて気になる方もぜひお越しください。お早めのご応募をお待ちしております!

望月将悟
1977年生まれ。静岡県内において山岳救助隊員に携わる。山岳アスリートとして多くのトレイルランニングレースで好成績を収めており、TJAR(トランスジャパンアルプスレース)には計5回出場し、4回優勝。2016年大会では4日23時間52分の前人未到の大会記録を打ち立てる。2018年のTJARでは更なる挑戦のため、スタートから全ての食料と装備を全て携行する「無補給」を行い、完走を果たす。(写真 藤巻翔)

岩佐幸一
1970年生まれ。トレイルランニングのオンラインメディア「DogsorCaravan」主宰。国内外のトレイルランニングレースを取材し、日々最前線を追い続けている。モンブランの一周を100マイル走るUTMB(ウルトラトレイルデュモンブラン)や、アメリカ100マイルレースの先駆けと言われる「Western States Endurance Run(WS100)」などのレースを完走したトレイルランナーでもある。

「mark 10」発売記念トークイベント概要
■日時
12月18日(火)19:00〜20:30(予定)

■場所
代官山 蔦屋書店1号館2階 イベントスペース
東京都渋谷区猿楽町17-5

■登壇者
望月将悟(山岳レーサー、トレイルランナー)、岩佐幸一(DogsorCaravan編集長)、松田正臣(mark編集長)

■参加条件
代官山 蔦屋書店にて以下のいずれかをご予約、ご購入の先着60名様にイベント参加券をお渡しいたします。
1.「mark」vol.10+参加券セット 1,500円(税込)
2.イベント参加券 1,000円(税込)

■定員
60名

■お申込み方法
以下の方法でお申込みいただけます。
1.代官山 蔦屋書店 店頭(2号館1階 建築・デザインカウンター)
2.お電話 03-3770-2525(建築・デザイン)
3.オンラインストア

■主催
代官山 蔦屋書店

■共催・協力
株式会社アルティコ

■問い合わせ
03-3770-2525