医療保険破綻が危惧される2025年問題、やがて迎える超少子高齢化社会。こうした社会情勢を受けて一躍、盛り上がりを見せているのが、ヘルステック(ヘルスケア+テクノロジー)市場だ。スマホで禁煙、声でメンタル不調を未然に防ぐ、アスリート垂涎のセンシングアパレル…… 。ヘルスケアの領域に、最新のテクノロジーはどんな変革をもたらすのか。ヘルステックの現場から、未来を牽引するモノ、事象をご紹介。

ウェアラブルデバイスからさらに進んだセンシング機器として高い注目を集めるのがスマートアパレルだ。

e-skinは14個の伸縮性エレクトロニクスを用いた歪みセンサーを搭載した生地で、着用するだけで利用者の動きをモニタリングできるというもの。

取り外しができるコントローラー、e-skin Hubには加速度計、ジャイロセンサー、6軸のモーションセンサーが備わっており、Bluetooth®経由でスマホやPCとの接続が可能だ。

このアパレルがすごいのは、普通の衣類と同様の感覚で着られる着心地の良さと、洗濯できるという汎用性も備えているところ。

ウェアラブルデバイスの装着感に抵抗があるというユーザーへの活用はもちろん、今後はバイタルサインなどさらに幅広い情報をセンシングしたり、あるいはインターネットから情報を受け取ったりといったインターフェースとしての活躍が期待されている。

https://xenoma.com/

(文 倉石綾子)

※2018/4/20発売「mark09 カラダのミライ」転載記事



「mark09 カラダのミライ」は全国書店(一部コンビニエンスストア)と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~08号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon

最新号mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』も発売中!


オンライン販売 amazon