欧米を中心に普及し、アメリカ空軍のトレーニングにもスロージョグが取り入れられる時代。ほどよい有酸素運動の効果が実証され、スロージョグが身体にいいというのはもはや定説となっている。さまざまなトピックからスロージョグのよさに迫ってみよう。

関連記事:スロージョグが身体にいい理由

国際的な広がりを見せるスロージョグだが、ここ日本でも一般社団法人の日本スロージョギング協会が活動している。

理事長は福岡大学スポーツ科学部の田中宏暁教授。スロージョグに関する著書も多数執筆している。

所在地は福岡で、認定のアドバイザーが福岡や横浜などの都市部で教室を開催している。

まったくの運動初心者でも、この教室に参加すればスロージョグで健康的に走れるようになるそう。

「本来、人間は誰でもフルマラソン程度の距離を走れる能力を持っている」と田中教授は話しており、自身もスロージョグを中心に準備をしたフルマラソンで2時間38分台のベスト記録を持っている。

そのとき年齢は50歳。スロージョグは奥が深い。

(文 礒村真介(100miler) / イラスト 中根ゆたか)
※2018/4/20発売「mark09 カラダのミライ」転載記事



「mark09 カラダのミライ」は全国書店(一部コンビニエンスストア)と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~08号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon

最新号mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』も発売中!


オンライン販売 amazon