欧米を中心に普及し、アメリカ空軍のトレーニングにもスロージョグが取り入れられる時代。ほどよい有酸素運動の効果が実証され、スロージョグが身体にいいというのはもはや定説となっている。さまざまなトピックからスロージョグのよさに迫ってみよう。

関連記事:スロージョグが身体にいい理由

トライアスロンの究極、ハワイ州コナで行われるアイアンマンの世界選手権で6度も王者に輝いたマーク・アレン選手。

彼はマフェトン博士が提唱したマフェトン理論にのっとったトレーニングを積んでいた。さぞ厳しい内容なのかと思いきや、そのキモは、スロージョグの範疇といえる有酸素運動を基本としてひたすら長時間運動するというもの。

レースペースよりずっと遅いランが中心でも、レースペースを向上させられるという実例だ。

(文 礒村真介(100miler) / イラスト 中根ゆたか)

※2018/4/20発売「mark09 カラダのミライ」転載記事



「mark09 カラダのミライ」は全国書店(一部コンビニエンスストア)と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~08号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon

最新号mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』も発売中!


オンライン販売 amazon