欧米を中心に普及し、アメリカ空軍のトレーニングにもスロージョグが取り入れられる時代。ほどよい有酸素運動の効果が実証され、スロージョグが身体にいいというのはもはや定説となっている。さまざまなトピックからスロージョグのよさに迫ってみよう。

関連記事:スロージョグが身体にいい理由

人間は体内で脂肪と酸素を結びつけることでエネルギーを生み出す。

けれどもペースが速くなると呼吸から得られる酸素量が足りず、糖から生まれるATPという化合物もエネルギー源になる。

ハイブリッドカーに例えると、低速運転時は電池に相当する脂肪がよく燃え、アクセルを強く踏み込むと糖をより多く使うということ。

つまり、有酸素運動の範囲でスロージョグするだけで脂肪を優先的にエネルギーにでき、ダイエット効果が高いのだ。

(文 礒村真介(100miler) / イラスト 中根ゆたか)

※2018/4/20発売「mark09 カラダのミライ」転載記事



「mark09 カラダのミライ」は全国書店(一部コンビニエンスストア)と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~08号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon

最新号mark10『RECOVERY FOR TOMORROW 明日のために本当の休息』も発売中!


オンライン販売 amazon