アディダスの最新イノベーションにより作られた異次元構造の革新的ミッドソール「ADIDAS 4D(アディダス フォーディー)」を搭載した、最新ランニングシューズALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)が発売されました。

「ADIDAS 4D」とは、アディダスが17年にわたり蓄積したアスリートデータの分析結果を基に、Digital Light Synthesis(デジタルライト合成)テクノロジーを活用して開発され、光と酸素で作り上げられた異次元構造の革新的ミッドソール。

ADIDAS 4D ALPHAEDGE 4D

このデジタルライト合成により、次世代の3Dプリントともいうべき製造工程が可能になり、マイクロメーター単位でミッドソールがデジタル設計されているということです。

「ADIDAS 4D」の入り組んだグリッド構造は、細かいグリッドがバネのような推進力を発揮し、広がるグリッドが着地の衝撃を分散。そして、ピンと張った高さのあるグリッドが、足をシューズの中央に固定し、横方向への動きを正確にサポートするのが特徴です。これにより、ハードなトレーニングやワークアウトの際も、緻密に制御された反発力を発揮してくれます。

ADIDAS 4D ALPHAEDGE 4D

「ADIDAS 4D」を搭載したALPHAEDGE 4Dはアッパーに軽量なFORGEFIBER(フォージファイバー)を用いたプライムニットを採用。TPUコーティングされ、糸の一本一本がミリ単位で編み上げられたアッパーは、継ぎ目のないソックスのように足を包み込み、糸の角度や密度に変化をつけることで、どんな動きにもサポート力とフィット感をもたらしてくれます。

ADIDAS 4D ALPHAEDGE 4D

アウトソールには耐久性の高いコンチネンタルラバーを採用。路面コンディションや天候に関わらず、安定した摩擦力を発揮し、急な切り返しや加速にも対応可能です。

ADIDAS 4D ALPHAEDGE 4D

ALPHAEDGE 4Dの価格は¥38,000(税別)。詳しくはアディダス オンラインショップの特設ページまで→https://shop.adidas.jp/4d/