パタゴニアがユーレックス天然ラバーを試しはじめたのはちょうど10年前の2008年。ユーレックス社とパートナーシップを組み、再生可能な植物をベースとしたネオプレンの代替策を開発に着手しました。

それから4年後に最初のユーレックス・ウェットスーツを世に送り出し、2016年時点では、石油由来のネオプレンをまったく使用しないウェットスーツ製品を製造することに成功。

さらに2017年にはサーフ・カテゴリーのボード/ショーツとビキニ製品をすべてフェアトレード認証製品にするとともに、この度、「フェアトレード・サーティファイド」縫製を採用した世界初のフルスーツが導入されました。

製造されたスーツ1枚1枚に対して、パタゴニアはそれを作った人たちに直接賞与を支払うというもので、この認証は提携する工場が安全かつ健全な労働条件に関するフェアトレードUSAの基準を遵守していることを意味します。

Patagonia
Patagonia

そして、ユーレックスの素材を製造する工場と緊密に協力することにより、伸縮性が前世代のものと比べて20%向上。ユーレックス天然ラバーをポリマー成分の85%に使用し、それに合成ラバーを15%ブレンドすることでオゾンや紫外線への耐性を強化しています。

環境にも配慮しながら、作り手を尊重し、機能性の高さも実現しているパタゴニアのウェットスーツはメンズ、ウィメンズともに各種ラインナップされています。

詳しくは特設サイトまで→https://www.patagonia.jp/yulex-natural-rubber-wetsuits.html