2020年の東京オリンピックに新競技として登場することや、昨今の世界的な大会での日本人選手の活躍などもあり、熱視線を集めるクライミングシーン。そんな中、10月13日には新感覚対戦型クライミングコンペ「MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2018」が開催されます。

MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2018

外岩の高難度課題を次々に登る実力派クライマーの一宮大介氏がプロデュースする今大会の課題はトップロープ形式(マスターのみリード形式)で、到達点とスピードを競うというもの。

トップロープ形式とはあらかじめロープの支点が壁の上部に設置されており、最も安全性が高いと言われており、一方、リード形式は自分でルート上の支点にロープを掛けながら登るのでよりテクニックが要求されるスタイル。決勝戦では1対1の対戦形式になるということで、白熱のクライミングが繰り広げられること必至です。

また、マスタークラス男女の優勝賞金は15万円で上位3名(全カテゴリー)には副賞と参加者全員にノベルティが用意されているのも注目ポイント。

当日は一宮大介氏によるトークショー、ロープを使ったクライミングが未経験の方や外岩を体験してみたい方に向けての無料体験イベントも催されるので、合わせてお見逃しなく。

【イベント詳細】
日程:10/13(土)  (雨天延期)10/14(日)
場所:グラビティリサーチ ミント神戸
〒651-0096 兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1 M-INT神戸18F
https://www.gravity-research.jp/shop/mintkobe/

競技方式:
予選:全カテゴリトップロープ形式/制限時間3分/全選手2ルート試技 決勝:予選上位4名によるトーナメント戦/ビギナー&ミドルはトップロープ形式、マスターはリード形式/制限時間3分/決勝戦は1対1(デュアルルート)

クラス:
ビギナークラス(5.11a /5級)
ミドルクラス(5.11b~12b /4~2級)
マスタークラス(5.12c~/1級)
※()は目安のレベルです。ビギナーとミドルクラスはトップロープ、リード未経験の方でもご参加いただけます

エントリー費:¥4,000(ノベルティグッズ付き)
優勝賞金:¥150,000(マスタークラス男女)
表彰:各カテゴリー上位3名に副賞あり
スケジュール: 9:00 受付/10:00 予選/15:20 決勝/19:10 表彰式
エントリー期間:~10/8(月)

エントリーや詳細はこちらから→http://www.mountainhardwear.jp/topics/event/007669/