9月16日に開催されたベルリンマラソンでエリウド・キプチョゲ選手が2時間1分39秒の世界記録を樹立しました。いよいよフルマラソン2時間切りも夢ではないかもしれません。


ナイキがレース前日に公開した映像



話題のJust do it.キャンペーンでもキプチョゲ選手の速さを称賛

キプチョゲ選手によるフルマラソン2時間切りの挑戦はリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した翌年の2017年5月6日にイタリアのモンツァで行われたBREAKING 2プロジェクトにおける2時間25秒という驚異のスピードで始まりました。

Breaking2

▼マラソンの2時間切りは本当に不可能なのか? ナイキの前人未到のプロジェクトBreaking2を振り返る
http://mag.onyourmark.jp/2017/07/breaking2-4/103862

2017年9月のベルリンマラソンでは2時間3分32秒、2018年4月のロンドンマラソンでは2時間4分17秒でそれぞれ優勝。ロンドンで履いていたヴェイパーフライ エリート フライプリントというシューズも大きな話題を呼びました。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント

▼ロンドンマラソン2018優勝のエリウド・キプチョゲが着用 Breaking2を手繰り寄せるヴェイパーフライ エリート フライプリントとは?
http://mag.onyourmark.jp/2018/04/nikezoomvaporflyeliteflyprint/109501

そして、満を持して2018年のベルリンマラソンにて2時間1分39秒という世界記録を樹立。公式記録として2時間切りまでいよいよ99秒というその速さに世界が沸いたのでした。



レース後のキプチョゲ選手のツイート

今回のベルリンでキプチョゲ選手がどのようなシューズを履いていたのかも気になります。引き続き注目していきたいところです。