パタゴニアが昨年6月より展開しているオーストラリア・タスマニア島のターカイン地方に残された最後の野生地の保護を目指す「takayna(タカイナ)」キャンペーンをアップデート。タスマニア州政府にタカイナ/ターカインを世界遺産としてノミネートし、保護するよう依頼するため「takayna(タカイナ)」特設ウェブサイトの開設と請願書の署名活動を行うとともに、パタゴニアが提供するドキュメンタリー映画『takayna(タカイナ)』の上映会を実施することで、行動を呼びかけています。

Patagonia パタゴニア

タスマニア島は世界最後のゴンドワナ多雨林のひとつで「タカイナ/ターカイン」と呼ばれる地域は古代からほとんど手付かずのまま残っています。

自然の河川が山脈の合間を縫って、ボタングラスの平原から険しい野生の海岸線に流れ、そこには巨大な砂丘、豊かな古代先住民の文化遺産があります。

オーストリア遺産委員会はタカイナ/ターカイン地域には傑出した遺産価値があると認識しましたが、伐採と採鉱により、古い森林は破壊の脅威に晒されており、4万年もの生きた文化を伝える貝塚や先住民の小屋のある場所をオフロード車が突進している状況です。

Patagonia パタゴニア

そんな中、パタゴニアはボブ・ブラウン財団とアボリジニのコミュニティと協力。タスマニア州政府にタカイナ/ターカインを世界遺産としてノミネートすることで、保護するよう訴え、世界中の人たちに請願書への署名を呼びかけています。

「takayna(タカイナ)」特設ウェブサイト
https://patagonia.jp/takayna

Patagonia パタゴニア

また、現地での問題をトレイルを走る医師とひたむきな環境保護活動家の体験を通しながら、現代の環境保護運動の複雑さを明るみにし、最後に残された真の野生地を守る挑戦を人類に投げかけるドキュメンタリー映画をパタゴニア・フィルムが制作しました。

このドキュメンタリー映画『takayna(タカイナ)』のフィルム上映と同時にパタゴニアのトレイルランニング・アンバサダーの石川弘樹さんを中心に行われている、イヌワシを呼び戻そうとするトレイル活動「南三陸火防線プロジェクト」についても紹介するイベントが下記日程に実施されます。ぜひ、お見逃しなく。

7/24(火) 19:10~20:50 パタゴニア 渋谷ストア アンバサダー・石川弘樹
7/26(木) 19:10~20:50 パタゴニア 大崎ストア パタゴニア・篠健司
8/2(木) 19:10~20:50 パタゴニア 京都ストア パタゴニア・篠健司
8/21(火) 18:30~20:30 ナムチェバザール 水戸店 アンバサダー・石川弘樹
8/23(木) 19:00~21:00 OUTDOOR SPECIALITY MOOSE 植田本店 アンバサダー・石川弘樹
8/24(金) 19:00~21:00 ATC Store アンバサダー・石川弘樹
※参加無料/要事前申込。実施店舗にお電話でお申し込みください。