アメリカのランニング専門店市場でシェア1位を誇るBROOKS(ブルックス)から、独自開発によるハイクッションソールDNA LOFT(ディーエヌエー ロフト)が誕生。2017年に発表された高反発のDNA AMP(ディーエヌエー アンプ)に加え、クッションに優れながらへたりにくい新素材のソールを搭載したランニングシューズが続々登場です。

BROOKS

最も柔らかく軽量なのに長持ちするソール DNA LOFT

BROOKSが独自に開発した配合でEVAとラバーとエアーをブレンドした新素材がこのDNA LOFT。クッションを構成する気泡をラバーで包み込むことにより、従来の破れやすくつぶれやすい気泡を衝撃から守るというものです。ブルックス史上最高の柔らかさと軽量性を実現しながら、へたりにくいクッションを実現しています。

BROOKS

<DNA LOFT搭載モデル>

BROOKS

グリセリン16 最上級ハイクッション。ロフトソールを全面配置。

BROOKS

ゴースト11 ハイクッション&軽量。ロフトソールを衝撃の大きいかかと部分に配置。

高反発で楽に前へ進む、シルバーソール DNA AMP

BROOKSが化学会社BASFと連携し、“高反発”に着目した新たなミッドソール素材を開発。ランニングシューズに適したポリウレタンを生成し、シルバーラッピングの熱可塑性ポリウレタンに流し込んでいます。側面と底を覆ったシルバーのTPUの効果によりエネルギーを放出することなくロスなく推進力に変化。これにより“高反発”を実現しているということです。

BROOKS

<DNA AMP搭載モデル>

BROOKS

レビテイト2 最高レベルの高反発。アンプソールを全面配置。

BROOKS

べドラム 高反発&サポート。アンプソールとサポートシステム“ガイドレール”をプラス。8月1日頃 販売開始予定。

BROOKS

リコシェ 高反発&軽量。高反発アンプとブルックスDNAの二重構造。8月中旬 販売開始予定。

詳しくはBROOKSオフィシャルサイトまで。
https://www.brooksrunning.co.jp/