幾何学的な模様にも見えるソールに開いた溝と半透明な素材がデザイン性の高さを感じさせるナイキ リアクト エレメント 87。未来的でテクニカルな印象のこのシューズが生み出されたのは意外にも基本に立ち返ったプロセスからでした。

ナイキ リアクト エレメント 87

一枚のフォームとドリルを用いて、ナイキ スポーツウェアのスペシャル プロジェクト チームがクッション性を最大限に活用するというアイディアをもとに、日常的に使用できるように開発したのがこのナイキ リアクト エレメント 87です。

立つ、重心を動かす、歩く、駆け出すなど、日々の生活の中の様々な動きにおいて、足元の快適性を高めるためにデザイナー達は各種の足圧分散図とドリルを手にしながら探求を行いました。フォームに穴を開け、試行錯誤を重ね、どの厚さや密度が快適性を実現するのかを見つけて方向転換を重ねていったということです。

ナイキ リアクト エレメント 87

「この仕事は、基本に立ち返るような作業から始まりました。その後、学んだことをもとに、コンピュテーショナルデザインのスクリプトを作っていきました。そこから実際にプロジェクトが動き始めました。」(NSW イノベーションのフットウェア デザイン リード、ダリル・マシューズ)

方程式をグラフィック化して示すようなタイルと呼ぶ要素を使って、素材密度や足圧分散図をもとに、ドリルの実験で作った異なる密度のミッドソールの形状をパターンにし、シューズのサイズに合わせて作るというプロセスを通して、視覚的にも特徴的なソールが生み出されました。

ナイキ リアクト エレメント 87

アッパーにも基本に立ち返る姿勢が垣間見られます。100%TPEの糸を使ったテキスタイルアッパーは半透明素材になっており現代的な仕上がり。しかし、ハトメの仕様やヒールクリップを見るとわかる通り、過去のアイコニックな製品を意識しています。

ナイキ リアクト エレメント 87の原型はナイキ インターナショナリストです。ヒールクリップからわかるように、1981年のオリジナルだけではなく、後に作られたモデルも参考にされています。

ナイキ リアクト エレメント 87

古き良きものと最先端のものが一足に注ぎ込まれたナイキ リアクト エレメント 87。6月21日からNIKE.COM及び、一部のNIKE販売店で発売予定です。