(写真 飯坂大 / 文 礒村真介 / 協力 MOUNTAIN HARDWEAR

バナナ1本分程度の運動消費カロリーで、里山や公園のトレイルをフリー&イージーに楽しむ、トレランの新スタイル「#onebananatrail」。短時間でカジュアルなトレイルランニングを楽しむのは、アパレルのPRで普段はフィットネスや、アウトドアアクティビティに興じる永山華奈さん。彼女にとっての「#onebananatrail」とは?

nagayamakana

永山華奈さんがフィットネスに目覚めたのは学生時代。幼少期は自然豊かな地方ですごし、森の中で育った。生徒数の少ない田舎の学校だったので、部活は掛けもち。陸上部、駅伝部、水泳部、テニス部……。けれども大学に進学してからはぱったりと運動をしなくなり、反動で体重は増える一方に。アメリカ留学中には食生活もみだれ「パンパンになってしまった」という。

nagayamakana

そこで「このままじゃいけない!」と、健康のために身体を動かすことに。

「アメリカはスポーツジムがリーズナブルで、スタジオプログラムも気軽に利用できるんです。そこでウエイトトレーニングとダンスレッスンに出会いました。そのときにスタジオレッスンを担当していたインストラクターの女性が凄くカッコよくって。自分も資格を取って、帰国後はスポーツジムやスタジオでレッスンを担当していました」

nagayamakana
nagayamakana

フィットネス、身体を動かすことでポジティブなライフスタイルを手に入れた永山さん。社会人になってからも定期的なジム通いを続けていた。

「あるとき彼がクルマを購入したんです。そのときは湘南に住んでいたんですが、休日のたびに三崎港や箱根などの観光地に行くことにちょうど飽きてきたころだったんですね。2人とも身体を動かすのが好きだったので、じゃあ山に行ってみよう、って」

nagayamakana

それからは丹沢の大山に登ったり、雪山に挑戦したり、山での楽しみ方の幅を広げていった。

「はじめての登山が本当にツラくって。でも、月並みですがトレイルの美しさ、自然の中に身を置くことに心を動かされました。それから毎週末のように山へと通っています。平日はデスクワークに励んで、週末はトレイルに。そうすることでマインドがリセットされます。今までどうやってきてたんだろう、って思うくらい」

nagayamakana
nagayamakana

ウエイトトレーニングが中心だったフィットネスライフにも変化がおとずれる。

「もっと山で動ける身体にしたいな。そう思って、半ば自然とランニングをするようになりました。またギアも見直して、今ではトレイルランニングシューズのようなライト&ファストなアイテムを選んでいます。丹沢の表尾根を塔ノ岳まで縦走したときに、ジム用のツルツルしたアウトソールのスニーカーをはいていて捻挫しちゃったんですね。そこでギア選びの大事さに気がつきました」

nagayamakana
nagayamakana

もっと自由に動きたい。そしていろいろな景色を見たい。それが永山さんのパワーの源。雪山では思うように前に進めず、それが悔しくってアイゼンやピッケルな本格的な装備をそろえ、冬季の八ヶ岳に登るまでになった。

nagayamakana
nagayamakana

「道具をそろえて、経験を積んで、できることや行ける場所が増えていく。それが単純に楽しいんです」

トレイルランをはじめたのは2017年の秋。高校時代からの友だちから「こんなオシャレな大会があるよ」と、南アルプスマウンテンマラソン(静岡県、21km)に出ようと誘われた。新しいことにチャレンジするのが好きな永山さん。こんなにいいチャンスはないかな、と勢いで参加することに。

nagayamakana

「わたしは山登りでも下りが苦手で。走れるかな?と不安もあったんですが、実際は下りの爽快感が気持ちよかったです。今ではトレッキングに行くときも、山登りとトレイルランの中間のようなアイテムで楽しんでいます。達成感を目指してスポーツ的に山を登ることが好きなので、余分な荷物を減らして軽くしたほうがラクだし、遠くまで行けますから。下りパートでは気の向くままに小走りで駆け下ったりします」

nagayamakana

トレイルランにも身構えるところがない永山さん。

「だから、バナナ1本で手軽に楽しめる『#onebananatrail』っていいですね。駅から気軽にアクセスできるトレイルを走ったり、故郷の裏山を走ったりしてみたいと思います。実は、私のラッキーフルーツがバナナなんですよ。自分のなまえ(Kana)とbananaは響きが似ていることもあって、昔から好き。だから、普段は黒系のウェアが多いのですが、このTシャツもショーツも可愛くってテンションがアガります。リフレッシュのために走ったり山を登ったりしているので、そういうところも大事なんです」

永山さんが着用したマウンテンハードウェアのトレイルランニングコレクション

nagayamakana

Tシャツ「W ディプシー T3」¥5,300
ショートパンツ「W ディプシーショーツ 2」¥6,900
バッグ「ディプシーパック」¥9,900
キャップ「ディプシートレイル D フラップキャップ」¥4,500

#ONE BANANA TRAIL MHWトレイルランニングキャンペーン
http://www.mountainhardwear.jp/special/onebananatrail/#/boards/onebananatrail

Mountain Hardwear(マウンテンハードウェア)
http://www.mountainhardwear.jp/

※表示価格は全て税抜きになります。

sample alt

永山華奈(ながやま かな)
1991年生まれ。アパレル会社にPRとして勤務。学生時代にフィットネスジムやダンスのスタジオトレーナーとして活動、ベストボディジャパン東京大会で入賞。ここ数年は山の魅力に目覚め、毎週末のようにトレイルへと足をのばす生活をおくる。