先日開催されたウルトラトレイル・マウントフジ2018で先行発売され話題を呼んだLA生まれのランニングサングラスgoodr(グダー)。Fun(楽しい)、Fashionable(おしゃれ)、Functional(実用的)、Affortable(手頃)というキーワードをコンセプトに西海岸を中心にアメリカで人気を博している中、いよいよ日本上陸です。

UTMF2018のEXPO会場にて数量限定ながら先行発売され、出場ランナーの中にもすでに着用されている方が見受けられたgoodr。カラフルなフレームと偏光レンズがひときわ目を引くデザイン性と「すべらない、ずれない、眩しくない」という快適なランニングのために重要な実用性を兼ね揃えながらも、5,000円以下の低価格で手に入れることができるということで、今後ますますユーザーが増えそうです。

goodr

<製品の特徴>
– 特殊な滑り止めコーディングのフレームで汗をかいても滑りにくい。
– 低価格でありながらUV400の偏光レンズを使用。眩しさを抑え、5層のレンズで紫外線からしっかり目を守ります。
– 軽量フレームがぴったりと頭にフィットするので、ランニング中もずれにくく、弾みません。

goodr

スタンダードなORIGINALと大きめサイズのBFGの2種類展開でカラーバリエーションも豊富にラインナップされます。価格は3,700円(税別)〜とまさにリーズナブル。店舗での取扱いは2018年夏頃から予定されています。

詳細は公式サイトまで→https://www.playgoodr.jp/