エレガンスと機能性を両立するサイクリングシューズブランドQuocが、全く新しいグラベルライド用シューズGRAN TOURERをKickstarterで発表、オーダーの受け付けを開始しました。ブランド史上初となるクラウドファンディングでの新作リリースに注目が集まっています。

70年代ごろまでロードレースで用いられたレザーシューズは、その後登場した合皮にその座をゆずり、速く走ることよりもスタイルを重視するツーリング用途などに細々と用いられるようになりました。しかし、2009年にQuocを創始したQuoc Pham氏がレザーサイクリングシューズのスタイリングと機能性を再定義。現代的なシティライドのニーズを満たすエレガントなレザーシューズを発表し、多くの支持を集めました。

その意欲的なラインナップは拡充を続け、昨年にはマイクロファイバーをアッパーに使用したパフォーマンスシューズ、NIGHTが登場するなどレザーシューズに止まらない新しい展開を見せています。今回登場したGRAN TOURERはそうした同ブランドの現在を象徴するかのような新作です。

グラベルロードと呼ばれるオンロードとオフロードの垣根を超え、「どこでも走れる」自由なバイクとライドが日本を含め世界的なトレンドですが、Quocの新作GRAN TOURERはまさにこうしたライドのためのシューズなのです。

H&M

アスファルトだけでなく砂利道やダートを走るこうしたライドでは、時にはバイクを担いで川を渡ったり、坂を押したりすることも。バイクパッキングとの相性もよいため、一休みのコーヒーブレイクなど自転車を降りた時間を楽しめるのもグラベルロードによるライドの魅力。

そうした道のオン/オフ、そしてバイクのオン/オフが頻繁なライドにあって、Quocが出した回答が、先進的な素材を用いたモダンなサイクリングシューズGRAN TOURERです。アッパーとソールのつなぎ目に縫い目を無くし、水の侵入をブロックアウト。不可避的な雨や路面からの跳ね上げにも、つま先をドライに保ちます。

H&M

「完璧なオフロードサイクリングシューズを作るには、まずはソールから始めなければいけないことはわかっていた」とブランドが語るように、GRAN TOURERのソールはこのシューズの心臓部。 特製のラバーコンパウンドGravelGrip™は、長期使用に耐える丈夫さと路面を捉えるグリップ力を備えています。MTBクリートが装着できるミッドソールはカーボン製で、ペダリング効率を高める剛性と快適さの理想的なバランスを追求したとのこと。クリート装着部も防水仕様で抜かりはありません。

ハードなオフロードライドでの使用を想定したヘビーデューティなシューズながら、クリーンなスタイリングにまとめられているのはQuocの真骨頂でしょうか。全4色が揃い、ロードバイクのジャージ&ビブショーツのキットにも、ラフなTシャツ&ショーツのスタイルのいずれにもマッチすることでしょう。

  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt

林道の奥へと突っ込むグラベルライダーから、歩行性能が欲しいロードサイクリスト、そしてハイテク感のないパフォーマンスシューズのスタイリングから、クリップレスペダルを使いたいシティライダーにも受け入れられそうです。

H&M

GRAN TOURERは、Quocブランドとして初めてのKickstarterでのローンチとなり、2018年4月30日までリワードを受け付けています。4月5日現在で達成率はおよそ78%。現在入札できるリワードでは、日本円で約22,785円、シューズとメリノソックスとシューズバッグが付属し、2018年8月に発送されるものが一番お求めやすくなっています。気になったら今月中にポチるのがよいでしょう(そもそもゴールしないとシューズが生産されませんしね!)。

GRAN TOURER -kickstarterのページ
http://kck.st/2DwgtDU
QUOC GRAN TOURER キックスタート!(輸入元simworksによる日本語の紹介)
http://sim-works.com/media/quoc-gran-tourer-kickstart
Quoc(ブランド公式サイト)
https://quocpham.com