フルマラソン2時間切りを目指すBreaking2のプロジェクトに合わせて開発され、2017年に行われた6つの世界主要レースで着用した19選手が男女それぞれトップ3に入り、まさに「ナイキ史上最速のシューズ」という言葉を裏付けているナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%。その話題のシューズに新色が登場です。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

超軽量かつ柔らかくエネルギーリターン率が最大85%にものぼるナイキ ズームX フォームと、シューズのソール全面に内蔵されソールの硬さを高め推進力を感じさせる曲線状のカーボンファイバープレートによりこれまでのナイキ最速とされたレーシングシューズと比べて、ランニングの効率が平均4%高まっているというナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

第71回福岡国際マラソンで日本人トップとなった大迫傑選手をはじめ優勝したソンドレ・モーエン選手や2位のスティーブン・キプロティク選手、さらに東京マラソン2018で日本記録を更新した設楽悠太選手も履いていたことで話題を集めている一足ということで今回登場した新色のオブシディアン・メタリックも大きな注目をあつめること必至です。

NYCマラソンでナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%を履き、米国女子としては40年ぶりに優勝したシャレーン・フラナガン選手が登場するムービーも公開中。シューズが盗まれる悪夢を見たというエピソードを元にコミカルにナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%の凄さを描いた内容にもぜひ注目を。