今回ご紹介するギアのお話をする前に、自転車産業で今起こっていることについて少しお話をさせてください。

2月に起きたアメリカ・フロリダ州の高校での銃乱射事件の後、アメリカではいくつかのサイクリングブランドに対するボイコット(不買運動)が行われました。 というのも、ユタ州に拠点を置くアウトドアカンパニーが、アウトドアブランドを保有しているだけでなく、銃や銃弾の製造にも携わっていることがわかり、近年いくつかのサイクリングブランドがそのカンパニーの傘下として買収された事実を受け、それらのブランドの製品を今後仕入れ/販売しないという意思表示をするショップが次々に現れたのです。

もちろん、この背景にはとても複雑な事象があるのは確かです。 ですが、直接的に関係のないサイクリングブランドをボイコットという形で攻撃するのは果たして正しいのでしょうか? そこにはこの自転車産業で働く人、そしてその家族や仲間、ブランドと関わりのあるローカルバイクショップやコミュニティーなどとても多くの物事が関わりあっているわけで、それは最終的に自転車業界全体にとって非常に大切なものなのではないかと思います。

もっとポジティブに考えて、親会社であるアウトドアカンパニーが銃に関わる部門を切り捨てるという判断をさせるために、それら傘下であるサイクリングブランドの製品を買い、使い続けることで、銃や銃弾のマーケットの売り上げ以上の利益をこの自転車マーケットから生み出し、サイクリングブランドをサポートするという考え方に転換することもひとつの対応策だと感じます。

MARK GEAR by Circles

Photo By The Radavist

そのような意見を唱えたのは、The Radavist / ラダビストの主宰であり、自身も真のサイクリストであるJohn Watson / ジョン・ワトソン(a.k.a. Johnprolly)でした。 今回のボイコットの対象となったブランドの中には、それらがアウトドアカンパニーの傘下となる前から、The Radavistとずっと深い関係にあるブランドもあったのです。

私もこの意見には賛成で、誰かが変えてくれると思っているよりも、自分たちで変えていこうという気持ちは、どんなことにおいてもとても大切なことだと思いますし、とてもサイクリストらしい考え方だと思うのです。

MARK GEAR by Circles

The Radavist / ラダビストは世界で唯一と言っても過言ではない、真の自転車メディアであり、主宰であるジョンを中心に、サイクリングやアウトドアをこよなく愛する人たちによってその楽しさや素晴らしさ、モノだけでなくそれを作るヒトや、それらを取り巻くコトなど細部にもフォーカスを当てて、人々へと伝え続けています。

毎年NAHBS(ナーブス)というハンドメイドバイクの展示会に足を運び、全てのビルダーの素晴らしいバイクたちを写真に収めては、世界中にそれを伝えていたり、さまざまなライドトリップに出かけてはそこで出会った素晴らしいサイクリストやその人たちが跨るバイクをバシッとカメラに収めたりといった活動をしています。

きっと彼らのサイトで紹介されているバイクを参考にして、自身のバイクのプランニングをしたり、こんなライドをしたいなと思い描いている人たちも多いのではないかと思います。

2016年には、日本にやってきて、グルメセンチュリーライドや、その後のバイクパッキングトリップ、そして我々サークルズを取り巻く自転車コミュニティーについてもサイトで紹介してくれました。

・IN THE MOUNTAINS OF ASUKE FOR THE CHRIS KING GOURMET CENTURY JAPAN
・RIDING CIRCLES AROUND MOUNT FUJI
・BICYCLE CAMPING ON IZU OSHIMA AND RIDING MOUNT MIHARA WITH CIRCLES
・SHAPING CYCLING CULTURE IN NAGOYA WITH CIRCLES JAPAN

もちろん、そこにはジョン以外にも多くの人が関わっているのですが、実際に足を運び、サドルに座って一緒に時間を過ごす中で、見えてくるものをそのまま写真や言葉にして伝えていくということこそが真のメディアである所以なのです。

そんなThe Radavistが、カリフォルニア州サンタクルズに拠点を置くGiro / ジロにオファーし、リミテッドエディションとして作られたヘルメットとシューズがリリースされました。

本来国内に入荷の予定はなかったものですが、我々のわがままに対して快く引き受けていただいた国内ディストリビューターであるダイアテックさんのおかげで数に限りはありますが、この度入荷を実現することができたのです。

それらは、ジョン自身のフェイバリットカラーであるOlive Drab / オリーブ・ドラブカラーを纏った、スペシャルアイテムです。

MARK GEAR by Circles

【GIRO】Synthe MIPS The Radavist

ベースとなるヘルメットはロードモデルのフラッグシップSYNTHE / シンセ。軽さ、フィット感そして圧倒的なクーリング性能をもつモデルをオリーブカラーで実現。 左右にはThe Radavistのロゴがマークされ、Giroのロゴとベルト部分はサンドベージュカラーの組み合わせがスペシャルアイテムであることをより一層引き立てます。

  • MARK GEAR by Circles
  • MARK GEAR by Circles

ロードレースにおいてトップレーサーたちが使っているモデルだけあり、空力への徹底的な対応を考えて作られており、空気抵抗を抑えながらも効率よく頭部に空気を取り入れて、夏場のライドでも頭部を涼しく保つことができます。

また、MIPSと呼ばれる、衝撃を逃す免震システムのような構造が取り入れられていることで、万一の転倒の際に脳への衝撃を緩和するようになっています。

MARK GEAR by Circles

【GIRO】Empire VR90 The Radavist

  • MARK GEAR by Circles
  • MARK GEAR by Circles

そして、シューズもEmpire VR90というMTBモデルのビンディングシューズをベースに、オリーブカラーに仕上げています。 サンドベージュの他にブラックのシューレースも付属するので、お好みでレースアップをお楽しみください。

イーストンのEC90カーボンソールをベースに、グリップ力に優れたビブラムラバーをコーティングすることで、グラベルライドからシクロクロスレース、そしてツーリングやトレイルライドまでとにかくどんなところへライドに出かける際にも使うことができる頼もしいシューズです。

ヘルメット、シューズ共に完全数量限定の入荷となっております。

何を隠そう、冒頭のボイコットの話では、Giro / ジロもその対象となったブランドの一つだったのです。 こういった素晴らしい製品を作り続けている彼らをサポートする唯一の方法は、彼らの製品を買うということに尽きるのですが、それを抜きにしてもこのアイテムをキャリーできることを嬉しく思いますし、彼らの思いに共感してくれた人がこのオリーブカラーのアイテムを身にまとってライドを楽しんでくれたら、僕らはとても嬉しいです。

商品ページ
【GIRO】Synthe MIPS The Radavist
https://shop.circles-jp.com/products/giro-synthe-mips-radavist?variant=1622914072596

【GIRO】Empire VR90 The Radavist
https://shop.circles-jp.com/products/giro-empire-vr90-radavist?variant=1622845521940

最新情報
SAVE トヨロック!! 台風被害で開催困難なトヨタロックフェスを応援しよう!
http://circles-jp.com/blog/64417/

ショップ情報
Circles
Circles(サークルズ)
住所 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4-14-20
TEL 052-331-3232
営業時間 10:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)
定休日 木曜日
http://circles-jp.com/