最新のフォーム技術であるナイキ リアクト テクノロジーを搭載し、新感覚のクッションが体験できるランニングシューズが登場です。その名もナイキ エピック リアクト フライニット。その魅力とは?

ナイキ エピック リアクト フライニット

ナイキ エピック リアクト フライニットはランニング後半にもフレッシュな足取りをキープし楽しく走れるように、一歩ごとの衝撃を緩和しつつエネルギーを反発させ、軽さをもたらしてくれます。また、繰り返しのランニングの衝撃や悪条件にも対応する耐久性も完備。最新のナイキ リアクト フォームがそれらを実現してくれています。

アッパーはとてもシンプルで、前足部、つま先とアーチは(ナイキ フライニット レーサーを参考に開発)、一枚仕立てのナイキ フライニット ブーティ構造。ミニマルで足にフィットする形になっており、ランナーが必要とする部位を的確にサポートしながら、屈曲性と通気性を提供してくれます。

ナイキ エピック リアクト フライニット

ソール部分は比較的大きく目立つ作りに。ナイキ リアクト フォームはこれまでのEVA 素材を使ったフォームよりも柔らかく、路面の凸凹を感じにくくなっています。また、ソールが潰れるのを防ぐため、ある程度の厚さをもたせているのも特徴のひとつ。デザイナーたちは、ミッドソールをかかとのアッパー部分にはみ出す広めの幅にすることで、ランナーが望むクッション性と必要な安定性を実現しています。

ナイキ エピック リアクト フライニット

ナイキ リアクト技術を初めて使ったランニングシューズには、ナイキ リアクト フォームを1枚で(キャリア、接着剤や糊を使わずに)ミッドソール兼アウトソールとして使用しています。

ナイキ エピック リアクト フライニット

見た目に複雑なパターンは溝の深さも部位ごとに変えており、溝の深い部分でクッション性を高め、浅い部分で硬さを確保。

ナイキ エピック リアクト フライニット

ナイキの最新のクッショニング・イノベーションであり、画期的なフットウエア フォームであるナイキ リアクト テクノロジーを搭載したナイキ エピック リアクト フライニットは、NIKE.COM と一部小売店で2月22日から発売がスタートします。

以下は2月1日に行われた新プロダクト発表会&トライアルの模様。

ナイキ エピック リアクト フライニット
ナイキ エピック リアクト フライニット
ナイキ エピック リアクト フライニット
ナイキ エピック リアクト フライニット
ナイキ エピック リアクト フライニット

https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/innovation/react