トレイルランナーやフィットネスアスリート向けのシューズブランドinov-8(イノヴェイト)を展開する、イノヴェイト社がマンチェスター大学との共同開発により、世界最薄で最高強度といわれ、ノーベル物理学賞受賞の対象にもなっている素材「グラフェン」を使用した画期的な商品を “G-Series”シューズとして2018年から発売します。

inov-8 イノヴェイト

「グラフェン」とは炭素から成る元素鉱物であるグラファイトより、2004年に分離することに成功した世界初の二次元素材。地球上で最薄(原子一枚分の薄さ)でありながら、その強度は鉄の200倍を誇り、しなやかで損傷することなく折り曲げたり、ひねったり、伸ばしたりすることができる特徴があります。

イノヴェイト社はその「グラフェン」をアウトソールに用いたスポーツシューズの開発を、マンチェスター大学のアラビンド ビジャヤラガバン博士と共同で行い、世界で初めて同素材を使用したランニングシューズ、フィットネスシューズの商品化に成功。2018年に “G-Series”シューズとして発売予定です。

  • inov-8 イノヴェイト
    「グラフェン」の構造模式図
  • inov-8 イノヴェイト
    国立グラフェン研究所(マンチェスター大学)

これまで粘着力やグリップ力を高めるためにソールは柔らかい必要がありましたが、柔らかい=摩耗が早いということで耐久性との両立が困難でした。しかし、「グラフェン」を活用することで、伸縮性と粘着性と強度を兼ね備えたソールが生み出されたということで注目を集めそうです。

inov-8公式サイト
http://www.inov-8-jp.com/