パタゴニアからダウンと化繊の最高の特質を兼ね備えた、コンパクトに収納可能で羽のように軽い多用途型ジャケットが登場。インサーレションウェアの決定版とも言えるマイクロ・パフ・フーディに注目です。

アルパインクライミングをはじめ、トレッキングやバックカントリースキー/スノーボード、フィッシング時や、サーフィンの波チェック、トレイルランニングなどスポーツの休憩時に欠かせないのが保温着。

patagonia

パタゴニアは10年の歳月をかけて、化繊インサレーションの限界を再考し、パタゴニアの製造史上、最も軽く、最もコンパクトに収納が可能なマイクロ・パフ・フーディを生み出しました。

patagonia
patagonia

保温性と軽量性とコンパクト性のバランスを、プルマフィルという革新的な化繊のインサレーションの採用により実現。

この化繊インサレーションは熱を閉じ込める極細のフィラメントの撚糸を備えた独自の安定構造により、ダウンと同じ保温性とコンパクト性を提供しながら、濡れても温かさはそのままという化繊の機能性は維持。

さらにこれを超軽量なナイロン製のパーテックス・クアンタム GLの織り素材と組み合わせることで、ダウンのような感触を得るとともに、コンパクトな収納を可能にしています。

patagonia

そして、中綿を押さえてズレや片寄りを防止するための独自の解決策を編み出すために、独自の縫製技術を開発。

オフセットで断続的な縫い目のパターンは、キルティングのポイントを減らし、より大きなロフト部分を設けながら、ジャケット全体の軽量化と冷域の削減を達成しています。

少ない個数で大きめのパターンを使用するこのデザインを採用することで、ジャケット内の熱が妨げなく循環し、一貫した保温性を提供してくれるのです。

「ダウンは濡れると熱を封じ込めるためのロフトを失いますが、その一方で化繊は温かさとコンパクトさにおいてダウンと同等のレベルには到達していませんでした。そのことを念頭に、パタゴニアの研究開発チームは長年の調整を重ね、素材とインサレーションをさまざまに組み合わせ、それらのフィールドテストを繰り返しました。それぞれのインサレーションにおける弱点を解決する方法を探していた私たちは、プルマフィルにたどり着くまでに、テクノロジーの採用を何十と見送ったことでしょうか。そして私たちはこれまでに成し遂げることのできなかった理想的なバランスを、マイクロ・パフ・フーディに見出しました。ダウンと化繊の両方の優れた利点を真に最大化することができたのです」
ジェナ・ジョンソン(グローバル・テクニカル・アウトドア部門 VP)

「過去9か月間、山への遠征にはほぼ必ずマイクロ・パフを持参しています。これはパタゴニアが開発したなかでもとくに刺激的な新製品のひとつで、僕の意見では、このジャケットが他と一線を画す点は、その軽さに対する抜群の温かさだと思います。はじめて手にした人のほとんどは、化繊ではなくダウンだと思い込んでしまいます」
コリン・ヘイリー(パタゴニア・アルパインクライミング・アンバサダー)

patagonia

ダウンに最も近い化繊のプルマフィルを採用し、さまざまな革新的な技術を盛り込むことで、最高の特質を活かすことに成功しているマイクロ・パフ・フーディ。メンズ/ウィメンズともに価格は¥39,960(税込)で、パタゴニアの直営店(一部アウトレットストアを除く)およびウェブサイト(Patagonia.jp)で購入できます。

詳細は製品特設ページまで
http://www.patagonia.jp/micro-puff.html

メンズ→http://www.patagonia.jp/ms-micro-puff-hoody/84030.html
ウィメンズ→http://www.patagonia.jp/ws-micro-puff-hoody/84040.html