日頃から自転車で動き回っていると、季節の移り変わりがとても感じ取りやすいですよね。

朝ライドをするときには長袖があっても良いなと思うくらい、最近は朝晩幾分と涼しくなり、過ごしやすい日が多くなってきました。

今回はそんな季節の変わり目にオススメしたいウェアをご紹介します。

MARK GEAR

カテゴリーにとらわれることなく自転車を楽しみ、ライフスタイルの一部とし、そこから感じたインスピレーションをサイクルウェアとしてカタチにしているSearch and State / サーチアンドステイトというブランドがあります。

MARK GEAR

あらゆるモノゴトの中心地として大きく繁栄してきたニューヨーク市マンハッタン。そこには、1930年頃から繊維産業を支えてきたガーメント・ディストリクトと呼ばれる地区が存在します。

最先端の流行を追い求め世界中から集まってきた富裕層のためのカスタムメイドのテイラードが集まり、生地問屋やボタン屋、縫製工場が軒を連ね、今でも地域の産業として根付いている場所です。

MARK GEAR

サーチアンドステイトの製品は、米国産のファブリックを集め、その歴史あるガーメント地区にてデザイナーと職人たちとが密なコミュニケーションを繰り返しながら、丁寧に縫製し、仕上げられていきます。

自らが製造者と関わることで理想とするプロダクトがよりシンプルな道のりで完成するのです。そうして完成したサーチアンドステイトのプロダクトはどこかユニークでファッショナブル、なにより実用的です。そしてカテゴリーや人種を問わず全てのサイクリストに向けて発信されています。

今までは化繊ベースのジャージのラインナップが多かった彼らのプロダクトですが、昨年から少しずつ展開を進めていたメリノウールのアイテムの中でも、素材の特性を活かした幅広いシーンで活躍するロングスリーブメリノジャージが仲間入りしました。

MARK GEAR

通気性が高いため、春から初夏、秋は単体で。そして、ウインドブレーカーやベストとの組み合わせはさまざまなシチュエーションで活躍し、冬場はミドルレイヤーとして使用する事により、体を暖かく保つことができます。

また吸湿性が高いので汗をよく吸い、その状況でも生地が湿った感じが少なく高い快適性を保ってくれるのも特長です。もちろん良質な生地を使用しているだけでなく、ニューヨークのミッドタウンにあるガーメント地区で1着1着丁寧に作られることからもわかるとおり、このロングスリーブメリノジャージはサイクリストにとって最良の1着となることは間違いないです。

MARK GEAR
MARK GEAR

また、サイクリングジャージはどちらかというと無駄を省いたミニマムなデザインが多いのですが、サーチアンドステイトのジャージでは、アウトドアウェアなどでも使われるriri社のジップを使っています。

存在感のあるジップは耐久性も高く、また着込んでいくほどに表情を変えていくの様子を長く楽しめる。 そんなウェア作りが彼らの特徴でもあります。

MARK GEAR

カラーはアイスグレー/ブラック/サープラスグリーンの3色展開。どのカラーも落ち着いた印象を持ちながら、実際に袖を通すとサイクリングウェアとしての機能をしっかりとあわせ持った納得の仕上がりです。

この絶妙な生地感のメリノウールジャージは、これから秋冬のライドを快適に過ごす上でのキーポイントになるアイテム。 ぜひ、その着心地の良さと機能性をお確かめください。

商品ページ
http://shop.circles-jp.com/?pid=122605586

最新情報
サークルズの考えるキャンプツーリングRIDEALIVEの本年度の最終章「BOKU NO HOSOMICHI」のエントリーが9月22日より開始いたします。今年最後のRIDEALIVEを締めくくる舞台は岐阜県。是非とも皆様のご参加をお待ちしております!
http://circles-jp.com/blog/58348/

ショップ情報
Circles
Circles(サークルズ)
住所 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4-14-20
TEL 052-331-3232
営業時間 10:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)
定休日 木曜日
http://circles-jp.com/