葉山・一色海岸にオープンした、HELLY HANSENがコラボレーションする海の家「THE SAIL HUS(ザ・セイルハウス)」。先日、この海の家で開催された、NEUTRALWORKS.による、ココロとカラダを整えるスペシャルモーニングイベントに、編集部久恒が参加してきました。講師は、世界中の山と海を旅するプロスキーヤーであり、アスリートから学ぶ究極のストレッチ「REBOOT stretch by Re.Ra.Ku」のプロデューサーも務める佐々木明さん。朝の静かな海辺でのイベントの模様をレポートします。

 

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

逗子駅からバスに乗ること約20分。朝8時の一色海岸は海水浴シーズンにも関わらず、平日の朝というだけあって人も少なく静か。清々しい一日の始まりです。「THE SAIL HUS」に集合し、着替えを済ませたら、まずは浜辺で1km程度の軽めのラン。「夏だし、朝なので、ゆっくり気持ちよく走って少しずつ身体を起こしていきましょう」。その佐々木さんの言葉通りゆっくりとしたペースで、波打ち際を気持ちよくジョグ。身体が温まったところで、ストレッチポールを使ったコンディショニングがスタートです。

 

sample alt

万能アイテム、ストレッチポールを使って効率的にパフォーマンスアップ

そもそも、なぜストレッチポールを使うのかというと「楽して身体をほぐすことができるからです」と佐々木さん。自重(自身の身体の重み)を活かして関節や筋肉をほぐしてくれるストレッチポールは、例えば、テレビを見ながらただ寝そべるだけでも、腕の重みが肩の関節にかかり肩甲骨がほぐれていく、というような優れもの。ストレッチ以外にも、マッサージやトレーニングなどにも活用できる万能なアイテムなのです。

現役時代、ストレッチポールを使ったセルフトレーニングとコンディショニングでワンシーズンを過ごしたこともあったという佐々木さんはこの日、毎朝ルーティンで行っているというストレッチと簡単な体幹トレーニングを教えてくれました。「朝や夜、自分の身体の状態を整えることで1日のパフォーマンスが向上します。慣れてきたらその日の気分や感覚で各部位にアプローチしていけると思いますが、今日は日常的にもよく使う大きな筋肉をほぐすことからやっていきましょう」。肩甲骨、腸腰筋、腸脛靭帯、前脛骨筋の順番で、背中からはじまり徐々に足に向かって、全身をゆるめていきます。

 

sample alt

【肩甲骨】
ポールに対して平行に、仰向けの状態になります。これだけでも肩甲骨がメリメリ開いていきますが、顔をゆっくりと左右交互に倒すことで首の重みが肩にかかり、首回りもストレッチすることができます。また、腕を万歳にした状態から、床に向かって肘を曲げていく動作で、肩甲骨がゴリゴリと音を鳴らしほぐれていきます。さらに、肩の内側・肩甲下筋のあたりをグッと押してもらうことで、もう一段階可動域が広がる感覚を味わうこともできました。こうしたアシストをしてもらいながら身体を“リブート=再起動”させるのが、佐々木さんがプロデュースする「REBOOT stretch」です。

【腸腰筋】
腸腰筋は肋骨の下辺りから股関節(脚の付け根)の筋肉。ポールを身体に対して水平方向に、片足の付け根、股関節の位置にストレッチポールを置き、片足をポールの前に踏み出して、後ろ側の足を伸ばします。足の甲が床につくようにして伸ばしていきます。
また、ポールに平行に寝そべった状態から、対角線上の肘と膝を身体の中心に向かって曲げ伸ばしすると、腸腰筋を鍛えることができます。背中がポールから離れないようにすることがポイント。

 

sample alt

【腸脛靭帯】
ポールを身体に対して水平方向に置き、膝と腿の外側をマッサージします。逆側の足はマッサージする足の上側にクロス。ランニングなどで筋肉疲労がたまると、痛めがちな腸脛靭帯。身体の重みがしっかりかかるので、なかなか痛い! ですが、指や腕ではなかなかここまで力をかけられないので、ゴリゴリという感覚が気持ちいい。腿の付け根、膝の付近は痛みが強いですが、筋肉が張ってしまっている証。

sample alt

【前脛骨筋】
前脛骨筋とは、スネ部分の筋肉。歩くときに使う筋肉なので、日常生活の中で疲労がたまっていく部分です。ポールの上に正座するように乗っかり、ポールの前の地面に腕をつけて、スネをマッサージ。佐々木さんは軽々やられていますが、これも部分的に結構痛いです。

以上4つが基本のストレッチ。痛みが出る部分もありますが、体重の乗せ方を程よいところで調整することで、自分のコンディションに合わせて加減ができます。無理をせず、気持ちよさを感じられるポイントを探ることが大切。順番はランダムでもOKですが、「前側をやったら後側もやるのが大事」なのだそう。「もちろん凝っている部分だけほぐす、というのでもいいですが、筋肉同士は繋がっているので前面だけをほぐすと背面に力がかかります。例えば、腹筋を鍛えたいなら、まずは肩甲骨や背中をほぐしてから、腸腰筋を動かしていくと効率的に鍛えられるんです」。身体も温まり目覚めてきたところで、軽い体幹トレーニング。じんわり汗をかいたら、シャワーを浴びて、みんなでカレーを食べて全プログラムが終了です。

sample alt

片足膝立ちの状態で、ポールを両手で持ち、ポールを持った腕は肩と水平にまっすぐ伸ばします。その状態で、真横に90度ずつポールで半円を描くように腕を振ります。ポイントは、下半身がブレないようにキープすること。素早くこの動作を行うことで、スタビリティ(安定性)が鍛えられます。

1時間ほどのメニューでしたが、身体のコリを取ってからコアを動かすことで、身体全体のパワーを正しく使うことができ、「整っている」状態を感じることができました。忙しい朝、疲れているときでも、短時間で効率的にセルフコンディショニングはできる! 自宅に転がっているストレッチポールがそんなに万能だったとは。今後は活用していきたいと思いました。

sample alt

「今日のメニューは、楽に身体を整えることができる朝のコンディショニングを行いました。身体が整うというのは、全身が繋がっていく感覚。身体を巡る水と気の円のサイクルを意識して、セルフコンディショニングを実践してみてください。一日のパフォーマンスアップにつながると思います」(佐々木さん)

NEUTRALWORKS.による「THE SAIL HUS」でのスペシャルイベントは、今回レポートした佐々木明さんのコンディショニングプログラムの受付は終了してしまいましたが、8月13日、27日に相楽のりこさんによるビーチヨガが開催されます。静かな朝の海辺で、波の音をBGMにココロとカラダを整えてから、ビーチで遊ぶ。そんな夏の楽しみ方はいかがですか?

  • sample alt
  • sample alt

【”Activity” in THE SAIL HUS】
https://www.the-sail-hus.com/event/
参加費:4,000円(税別)
海の家ロッカー&シャワー施設利用料(1日)/レッスン料/ランチ代/ミネラルウォーター込み
※参加費は当日お支払いください

受付:電話又は店頭受付
TEL:03-6455-5964(NEUTRALWORKS.ROOM 3F)

時間:
7:30 受付/集合
8:00 レッスン開始
9:00 レッスン終了
※終了後9:30~10:30までランチタイムとなります。

定員:15名
服装:ウェア/タオル
※他、日焼け対策は各自で準備をお願いします。
※キャンセル・イベント注意事項に関しては下記ページをご確認ください。
https://www.the-sail-hus.com/terms/

THE SAIL HUS(ザ・セイルハウス)
名称 THE SAIL HUS in 一色海岸
期間 2017年7月7日 ~ 8月31日
時間 平日(最終入店:18時30分/LO:19時)、土日(最終入店:19時30分/LO:20時)
場所 葉山一色海岸浴場 (住所:神奈川県 三浦郡葉山町一色海岸)
URL https://the-sail-hus.com
設備 レストラン / シャワールーム / パウダースペース / ロッカー /ライフジャケットレンタル可