2017年の春夏シーズンにデビューし、リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズの遺産を現代に受け継いだ話題のモデル「ZOKU RUNNER(ゾク ランナー)」の新作ラインアップが登場しました。秋冬シーズンの新作はヴィヴィッドからダークまでバリエーション豊かなカラー展開が特徴です。歴史を受け継ぎながら、最新の技術を搭載したZOKU RUNNERの真価に迫ります。

ZOKU RUNNER

ZOKU RUNNER ULTK IS

1895年にイングランド中部の小都市ボルトンに住む一人のランナー、ジョセフ・ウイリアム・フォスターがより早く走るために釘をシューズの底に打ち付け、自作のスパイクシューズを作り出すところから始まったリーボック。その後、1970年代後半からアメリカへと進出し、現在まで数々の名作ランニングシューズを世に送り出してきました。

ZOKU RUNNERはそのリーボックのランニングシューズの歴史を現代のファッションシーンに受け継いだユニークなモデル。1979年に発売された「AZTEC(アズテック)」のサイドに施されたベクターマーク、1983年発売の「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」のサイドにデザインされたブランドロゴパネル、さらに、1991年発売の「PUMP RUNNING DUAL(ポンプ ランニング デュアル)」のヒールケージといったブランドの伝統的なエレメントを随所に受け継いだ一足に仕上がっています。

特徴的なデザインに加え、厳選されたアッパー素材やサイドパーツ、そして、リーボックを代表するクッショニングテクノロジー「DMX」の名を冠した軽量性・クッショニングに優れたアウトソール「DMX FOAM」が快適な履き心地を生み出し、ランナーの走りをしっかりとサポートしてくれます。

気になるZOKU RUNNERという名称の「ZOKU」は日本語の「続」から付けられ、「To Be Continued(=続く)」という意味が込められています。デザインの過程において、日本の人、文化、ファッションからインスピレーションを受けたことが深く関係しており、日本語の「続」から、さらに「族(TRIBE)」という意味も含まれているということです。

ZOKU RUNNER

ZOKU RUNNER ISM

ZOKU RUNNER

ZOKU RUNNER HM

ZOKU RUNNERの発売を記念し、「族(TRIBE)」をテーマにしたスペシャルプロモーションムービーも公開中。ぜひ、スペシャルサイトと合わせてチェックしてみてください。

ZOKU RUNNERスペシャルサイト
http://reebok.jp/classic/special/ZOKURUNNER/FW17/