(映像 松田正臣・上原源太 / 写真 古谷勝 / 文 礒村真介 / 協力 MOUNTAIN HARDWEAR

創業の地コペンハーゲンをはじめ、ロサンゼルスやバルセロナ、シンガポールなど、世界中のヒップな街を賑わせているクラフトビアバー・ミッケラー。2017年の春には待望の東京店舗「Mikkeller Tokyo」が、渋谷・道玄坂のなかでもひときわディープな百軒店エリアに移転再オープンを果たした。

木戸孝典さんはその新スポットのショップマネージャーであり、キーパーソン。世界中からのクラフトビールが常時20種類用意されるカウンターに立ち、夜ごとのビアライフと、百軒店エリアに負けないディープなコミュニケーションとをエンジョイしている。

「世界中から美味しいビールを求めて、渋谷の奥の路地へと集まる。ビール好きにはたまらない仕事です(笑)。ランニングをしている理由ですか? 僕も創業者のミッケルと同じ考えなのですが、美味しいビールをより美味しく味わうためには、フィジカル的に健康であることが一番だと思うんです。この仕事をしていると生活が不規則になりがちですから、心身のバランスを取るために走っているようなところがありますね」

sample alt
sample alt
  • sample alt
  • sample alt

実際にミッケラー トウキョウでは参加費フリーのランニングクラブを毎月第1土曜に開催し、1時間弱のグループランを行っている。決められた時間に集まればOKで、とくに予約の必要はない。追い込みたい人はハイペースのグループで、のんびり会話メインならファンランペースのグループで。アフターのフリービール1杯は全グループ共通だ。

sample alt

「ランニング&トレイルランニング歴は5年ほど。ときにはシリアスに走ったりもしますが、そもそも走り始めたきっかけが“彼女にフラれたから”なんです。基本的にはリラックスしたり、一人の時間を味わうために走っています。だから休日の時間のあるときは自然とトレイルへと足が向かうんです」

sample alt

sample alt

もちろん仲間と山に入ることもあり、そのときはそれなりにハードに追い込むこともあるが、基本は自分だけの時間をすごすためにトレイルランをするという。今どきのキーワードを持ち出せばアメリカ西海岸の若者のライフスタイルに根付きつつあるマインドフルネス、カジュアルな瞑想の感覚に近いのかもしれない。仲間と行くにせよ、自分ひとりにせよ、アフターはビールで乾杯だ。

sample alt

「トレイルランは己の脚ひとつで自然の中に入っていけるのがいいですよね。Google mapで俯瞰して見たとしたら『こんなとこ、人ひとりいないよな』という森の中に身を置けるんです。都市の喧騒から離れ、風の流れや季節の移ろいを五感で感じる。自分にとって必要な時間です」

sample alt
sample alt

「トレイルランというとハードなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、とくに気張って走っているわけではないんです。そんなわけで、ウェアリングでは機能性に加えて、スタイリッシュかどうかも重視しています。何ならそのままお店のカウンターに立てるような、デザイン性の高いものが好み。グラフィックTならグレーとか、黒とか。ボトムスであればジーンズのように前ポケットが備わっていると、スマホや鍵などちょっとしたものが出し入れしやすいから便利ですよね」

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

あくまで自然体のランニングライフだが、2016年の秋にはトレイルランニングのコミュニテイにおいて最高にチャレンジングとされる100マイルのレース(160km)を見事フィニッシュ。一昼夜以上にわたったという小冒険のサイドストーリーに耳を傾けたくなったなら、夜の百軒店エリアをふらっと訪ねてみるといいだろう。

木戸さんが着用した「HXT」シリーズのウエア

sample alt

Tシャツ「Dipsea Trail T1」¥5,700
コットンライクな質感のポリエステルジャージーTシャツ。ラフ&イージーな雰囲気のイラストで、気ままなトレイルランにぴったり。

ショートパンツ「Dipsea Trail short」¥6,300
インナーの付属しない、やや長め丈のカジュアルなショーツ。ヒップには鍵などの収納に便利なジッパー付きのポケットを備える。

バッグ「Fluid 16 V.2」¥12,500
容量16ℓのベストパックは、山小屋泊のラントリップや通勤ランにも対応する。ハイドレーションスリーブはPCの収納用スペースにも。

キャップ「Dipsea Trail Run Cap」¥4,300
「HXT」のポップなロゴを採用した、ランニング用キャップ。ソフトなつばのため手のひらサイズに畳め、ポケットに収納可能。

Mountain Hardwear(マウンテンハードウェア)
http://www.mountainhardwear.jp/

※表示価格は全て税抜きになります。

sample alt

木戸孝典(きど たかのり)
1982年生まれ。ミッケラー トウキョウ ショップマネージャー。5年ほど前よりダイエット目的で走り始め、ほどなくトレイルランニングに出会う。2016年に『OSJ KOUMI 100』を完走し、トレイルランナーの栄誉である100マイラーに。

Mikkeller Tokyo(ミッケラー トウキョウ)
住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-11 JP道玄坂ビル101
電話:03-6427-0793
HP:http://mikkeller.jp/