(写真 onyourmark / 文 礒村真介 / 協力 TomTom

TomTom(トムトム)は、昨年にGPSランニングウォッチの日本展開をスタートさせた今注目のオランダメーカー。代表的な3モデルである「TomTom Runner3」「TomTom Adventurer」「TomTom Touch」はいずれもスタイリッシュであり、かつガジェットらしさも残すという、ダッチデザインの”らしさ”を存分に感じさせるもの。だから競技者やスポーツアディクトだけでなく、ライフスタイルの延長としてアクティビティを楽しむ人が身に着けるプロダクトとして、間違いなくしっくりくる「ザ・ウェアラブルデバイス」といえる。

そんなウェアラブルデバイスの未来を照らすTomTomの魅力を、全3回の連載で紐解いていく。第1回目は、来日を果たしたTomTomスポーツプロダクトのバイスプレジデントプロダクトマネージメント、ウォルター・ハームセン氏に、ウェアラブルデバイスとしてのTomTomの現在と、未来を聞いた。

GPSウォッチに参入したきっかけとは?

実は私たちTomTomはBtoBの分野でもビジネスを展開しておりまして、GPSマッピングやカーナビゲーション、自動運転、スマート信号機など、テクノロジーの民主化をかかげたプロジェクトを多数展開しています。本社には4000人以上の社員がいるんですよ。

ウェアラブルのスポーツプロダクトは、数年前にNikeと協業で開発したGPSウォッチがきっかけでスタートしました。ことスポーツの場では、ランナーならば走るスピード、心拍数、体脂肪率など、自分のパフォーマンスを理解したいというニーズがありますよね。そういったニーズに対して私たちが培ってきたテクノロジーが役立つのではと考えたのです。

sample alt

自分の身体やパフォーマンスをさまざまなセンサーで測定し、時計の画面というインターフェイスでその結果やデータを提示することで、パフォーマンスアップやそのスポーツを楽しむことに生かしてもらえますから。現在の走るスピードであればGPSとモーションセンサーで、心拍数なら手元の脈で測れる光学式センサーで。

また、今は多くのランナーが音楽を楽しみながら走っていると思いますが、スマートウォッチとして音楽再生機能を備えるようにしているモデルを選んでくだされば、ランニング中にスマートフォンを携行するわずらわしさから解放されます。こういった今までの”バリア”を取り除くこともTomTomが提供できるベネフィットになります。

sample alt

参考にしたのはロレックス!?

時計という形態には大きな可能性を感じますし、こだわりも持っています。もちろん、時計ではないウェアラブルデバイスというのも技術的には可能でしょう。でもまず第一に、ランニングなど何か動作をしている最中に、フィードバックを受ける=見るのであれば手元というのはとても便利な場所です。

sample alt

また、例えばロレックスは、着飾るための宝飾品でありながら、ブランディング、つまり自分が誰であるかを表現するためのものでもあります。TomTomの場合であれば、身に着けることはスポーツを楽しんでいる人間だということを示すことになります。一言でいうとファッションです。ですからTomTomは、スポーツファッションのトレンドの反映やデザインに関しては時間をかけて取り組んでいます。例えばベルトを簡単に取り替えられる仕様にして、「レストランで外食を」というときには相応のデザインのものへと気軽に替えられるように。画面表示の分かりやすさ、デザインの美しさもぜひ他と比べていただきたいポイントです。

もちろんインターフェイスのユーザビリティ、ガジェットが苦手な人にとっても使いやすい操作性ということも大事です。それはすなわち、捨てるべきものは捨てるということ。機能は盛り込めばいいというものではありません。取捨選択をして、適正なプライスと過不足のない操作性に落とし込むことが重要なのです。コミュニケーションに難があるウェアラブルデバイスであってはいけません。

sample alt

TomTomが見据える、ウェアラブルデバイスの未来

今までのお話に加えて、私たちが意識しているのは『人々が本当に求めているのは何か』ということです。自分が一日に歩いた歩数ではなく、自分の調子がいいのか悪いのか。それをキープしたり改善したりするためには何をするべきなのか、あるいは止めるべきなのか。そういった次に何をするかの答えを出すことが本当の価値と言えるのではないでしょうか。

ウェアラブルデバイスの未来ですか? そこまで大それたことは分かりませんが、今チャレンジしているのはフィードバックのアプローチに関する課題です。例えば同じ「今の運動量は十分ではありません」というメッセージを発するにしても、運動習慣のある人とない人では受け取り方が違うんです。活発な人たちは『何くそ』とモチベーションが高まる傾向にありますが、それほど活発ではない人たちに同じメッセージを出したところ、かえってモチベーションを低下させてしまうという結果が出ました。

sample alt

どんなフィードバックをしたら健康に役立つか、あるいは幸福を感じるか、同じメッセージでも受け取る人のグループ分けによって違った意味合いを持つため、難しい問題です。使い手のコンテキスト、つまり生活習慣や状態に合わせたアドバイスが理想的なのです。ウェアラブルデバイスを利用する人にとって健康を運ぶものでありたいですし、それこそが私たちが提供できる幸福のひとつですから。

ウォルター・ハームセン
アイントホーフェン工科大学卒業後、ロイヤルフィリップス社でキャリアをスタート。DVD、インターネットストリーミングプロダクトなど幅広いカテゴリの製品戦略とマーケティングを担当し、2006年にTomTom入社。同社の大きな成長要因となった ポータブル・ナビゲーション・システムのプロダクトマネジメントを経て、2012年よりスポーツプロダクトの開発責任者となる。Nikeと協業で開発した、TomTom最初のGPSウオッチの開発から、現在に至るすべてのスポーツプロダクトの開発を担当している。

TomTomの代表的アイテム

「TomTom Adventurer」

sample alt

ランニングだけでなくハイキングやトレイルラン、バイク、スキーなどを楽しむ人のためのGPSアウトドアウォッチ。GPSに加え、コンパスを備え、高度や標高差、3次元距離、スピードなどのリアルライムデータを画面で把握できる。心拍センサーは手首から直接測定できる光学式、わずらわしい胸ストラップから解放される。ワイヤレスでの音楽再生や事前登録したGPSデータによるナビゲーション機能も。40m防水。IDF Design Award 2017受賞モデル。


価格:¥43,740(本体価格:¥40,500)
ケースサイズ:W34mm×H60mm(正面)×D15mm(非湾曲部分)
重量:55g
防水:40m(5ATM)
バッテリー持続時間:GPS使用モード最大約11時間(ハイキングモードでは約20時間)
センサー:モーションセンサー(加速度計 + ジャイロ)、コンパス、光学式心拍計、Bluetooth® Smart
その他機能:音楽再生(3GB)、バンド交換、睡眠時間や消費カロリーなどライフログ

「TomTom Runner3」

sample alt

2017年5月19日発売予定のGPSランニングウォッチ。上のAdventurerからロードランに必要な機能を残したもので、今までのランナー向けモデルSPARKに無かったルート探索機能が加わる。ラン中のさまざまなデータがリアルタイムで測定できるほか、一日の消費カロリーや睡眠時間もトラッキング。各アクティビティの結果は専用アプリ「TomTom SPORTS」を使用すればより詳細にチェックできる。Nike+やStravaとの連携にも対応。


価格:¥19,720〜¥43,740(本体価格:¥18,260〜¥40,500)
ケースサイズ:<Runner 3 Cardio+Music/Cardio>W34mm×H60mm(正面)×D15mm(非湾曲部分)、<Runner 3>W34mm×H60mm(正面)×D12mm(非湾曲部分)
重量:S46g, L47g
防水:40m(5ATM)
バッテリー持続時間:GPS使用モード最大約11時間
センサー:モーションセンサー(加速度計 + ジャイロ)、コンパス、光学式心拍計(心拍計内蔵モデルのみ)、Bluetooth® Smart
その他機能:音楽再生(3GBの音楽専用ストレージ)※MUSICモデルのみ、バンド交換、睡眠時間や消費カロリーなどライフログ

「TomTom Touch」

sample alt

スタイリッシュなバンド状デザインのフィットネストラッカー。手首に装着してボタンをタッチするだけで体脂肪と筋肉の割合を計測できる、体組成測定機能を搭載する。また手首での心拍数や歩数を24時間記録することで、消費カロリーや歩行距離、睡眠時間などを測定、タッチスクリーンの本体画面上や対応するスマートフォンアプリを通じて結果を確認できる。


価格:¥18,900(本体価格:¥17,500)
表示部サイズ:5.58×22.38mm
重量:S 20g/L 21g
防水:IPX7(日常生活防水)
バッテリー持続時間:最大5日間
センサー:モーションセンサー(加速度計 + ジャイロ)、光学式心拍計
その他機能:体組成測定、睡眠時間や消費カロリーなどライフログ

TomTomでは現在、日本上陸1周年キャッシュバックキャンペーンを実施中!
詳しくはこちら→https://tomtompromojp.sales-promotions.com/