セイコーの本格スポーツウォッチシリーズ<セイコー プロスペックス>から、新しいソーラーウォッチ「ランドトレーサー」が誕生です。Bluetooth(R)でスマートフォンと連携することで、記録したアウトドア・アクティビティの軌跡を3Dで表示できるのが本商品のトピックスのひとつ。数量限定モデルを含む3機種が6月9日(金)より販売となります。

SEIKO

ダイビングやトレッキングなどアウトドアのスポーツシーンで活躍する機能を備えたスポーツウォッチシリーズ<セイコー プロスペックス>。新たに誕生した「ランドトレーサー」はアウトドアのアクティビティで得られた感動を共有できるコミュニケーションツールをコンセプトに開発されたソーラーウォッチです。

記録した軌跡を3D で楽しめるセイコー独自の「フィールドログ」機能

時計で計測した高度情報と、 スマートフォンで取得した位置情報とを連携させることで、活動の軌跡を専用のスマートフォン用アプリケーションに記録し、 その軌跡を3D(または2D)でGoogle マップ上に重ねて表示することができるのが「フィールドログ」機能です。 この「3Dトレースログ」により、 アウトドアアクティビティの感動や思い出を簡単に振り返ることができ、 SNSなどで共有することができます。 (※画面はすべて開発中のものです。 )

SEIKO

アクティビティの途中における絶景ポイントやルートの分岐点など、 任意の地点でボタンを押して、 ログポイントを作成することも可能。 ログポイント間の距離や標高差、 移動にかかった所要時間を表示することができるので、振り返りや共有が簡単に。さらに、フィールドログの記録中に撮影した写真は簡単な操作でそのままタイムライン上に貼りつけられるので、トレースログと写真で旅行記の作成も可能です(1つのログにつき最大12時間まで)。

SEIKO
SEIKO

天気予報 / こよみ情報表示機能
スマートフォンの位置情報と天気情報(ウェザーニューズ社提供)を活用し、 現在地の天気予報(天気 / 降水量・降水確率 / 気温 / 風向・風速 / 湿度)を表示。アウトドアシーンはもちろん急な天候の変化などを知るために普段使いでも便利な機能です。加えて、日の出入/月の出入時刻や月齢、潮回りを表示する「こよみ情報表示機能」も搭載しています。

SEIKO

他にも「気圧」「温度」「方位」の3つのセンサーからなる「フィールドセンサー」やBluetooth(R)通信を使って時計の時刻をスマートフォンの時刻に同期することができたりと多彩な機能も。

ソーラー充電機能も備え、ソーラーセルに当たる光の強さを感知し、現在の発電レベルを10段階で表示します。充電量を10段階でより詳しく確認でき、電池切れの心配がありません。また、ラフティングなどの水際のアクティビティでも安心の20気圧防水です。

ランドトレーサー ダウンヒラー限定モデル 52,000 円+税
アウトドアスポーツとして人気の高いマウンテンバイク・ダウンヒル競技における2015年ナショナルランキング1位の井本はじめ選手とコラボレーションしたスペシャルカラーの限定モデル。(数量限定1,000本)

SEIKO
SEIKO

ランドトレーサー レギュラーモデル 50,000 円+税

SEIKO
SEIKO

詳しくは<セイコー プロスペックス>の公式Webサイトまで→www.seiko-watch.co.jp/prospex