根強い人気を誇るNIKELAB ACG。ドイツ・ベルリンを拠点とするファッションブランドのアクロニウムを手がけるエロルソン・ヒューとともいデザインされたSummer 2017コレクションは、機能性と美しさを兼ね揃えたギアの数々が展開されます。中でも、画期的なデザインのシューズ「ACG.07.KMTR」とポンチョ「NIKELAB ACG Poncho」に注目が集まっています。

NIKELAB ACG SU17 from NIKELAB on Vimeo.

NIKELAB ACG.07.KMTR Men’s Shoe ¥23,760(税込)

NIKELAB ACG

ACG.07.KMTRはアッパー部分に4方向に伸縮する耐水繊維を使用しており、ボリュームを抑えたデザインながら、さまざまな環境から足を守ります。特筆すべきは、バックルとかかとに磁石を採用していること。伸び縮みするアッパーだけでなく、磁石のバックルとアーチ部分を包むストラップによって、足の出し入れが簡単に。磁石で開閉するかかともトグルでしっかりと足を固定でき、さらに射出成形のファイロンのミッドソールとゴムのアウトソールを使用していることで、走る際も快適性を保っています。

NIKELAB ACG
NIKELAB ACG
NIKELAB ACG
NIKELAB ACG

NIKELAB ACG Poncho ¥32,400(税込)

NIKELAB ACG

3層構造で耐水性に優れたリップストップ素材を使ったこのポンチョは、DWR(耐久撥水)コーティングや、かぶり方を調整できるふちを補強したフード、側面を磁石で開放できることなどが特徴。内側に2重ジッパーのカンガルーポケットも付いています。手軽に持ち運べるように、ポーチも付属されています。これからの季節に携帯すれば重宝すること間違いなしです。

デザイナーのコメント
ジャレット・レイノルズ
ACGで大事なことはまず、見た目が優れていること。かっこよく、この時代にあっていること。そして機能的であることです。伸縮性の素材と耐水性の素材を使っていますが、全て体を動かすことを前提に、サイエンスとカルチャーを完璧な形に融合させてデザインしています。これらは、あらゆる場面で着こなせます。

ジェラルド・サリバン
日常着に関しては、多くの要素を考えすぎるべきではありません。必要なものだけを残し、全てをそぎ落としました。Komyuterは耐水で軽く、屈曲性にも優れ、履きやすくできています。バックルが最高で、全体的に新しい美しさを見せるシューズになっています。

NIKELAB ACG Summer 2017コレクションでは他にメンズタンク、メンズ半袖タンク、シャツジャケット、プルオーバーフーディー、フリースショーツ、カーゴショーツ、カーゴパンツ、バケットキャップ、3イン1キャップなども展開されます。

NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、及び NIKELAB販売店で発売中です。