これからのシーズン、アウトドアでのアクティビティにおける強い日差しへの対策は必須。特に知らず知らずに紫外線からダメージを受けている眼のケアは忘れがちなので注意したいところ。そんな中、クリアレンズでありながらUV100%カットを実現した「Zoff UV クリアサングラス」に注目が集まっています。

Zoff

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、疲労が蓄積されやすくなり、スポーツシーンにおいてはパフォーマンスへの影響も大いに懸念されます。紫外線から目を守るためにサングラスを利用する方も多いですが、どうしても視界を遮られてしまうというデメリットも出てきてしまいます。その点、「Zoff UV クリアサングラス」であれば、レンズがクリアなので視界が遮られたり、暗くなることもなく、パフォーマンスの向上も期待できそう。

太陽光は紫外線に加えて420nmまでの波長の有害光があり、それが健康へ影響すると言われています。「Zoff UV クリアサングラス」は紫外線を100%吸収し、420nmまでの有害光を大幅にカットすることができる高機能レンズ「Zoff UV クリアレンズ」を使用。このレンズには紫外線を吸収する特殊素材を練り込み、紫外線を100%カットしながら、明瞭な視界を実現しています。

Zoff

「Zoff UV クリアレンズ」と従来のレンズのカット率の比較
他にも「Zoff UV クリアレンズ」の表面には指紋などの皮脂汚れを拭き取りやすくする超撥水コーティング加工が施されていたり、Zoffのアスリートタイプのフレームと組み合わせることができたりと、スポーツシーンで活躍することは間違いないです。

紫外線が及ぼす可能性がある人体への影響

地表に届く太陽の光には目に見える可視光線のほか、目に見えない赤外線や紫外線も含まれています。紫外線はその中でも最も波長の短い光で波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cという3つの種類に分類されます。UV-C(100〜280nm)はオゾン層で吸収されるので、地表には届きませんが、UV-B(280〜315nm)とUV-A(315〜400nm)は地上に降り注いでいます。このUV-BとUV-Aが皮膚だけでなく、眼からも吸収されるので、白内障や眼精疲労の原因となると言われているのです。

Zoff

また、紫外線はこれからの季節、特に6〜8月にかけて非常に強くなるため注意が必要。夏場の快晴では紫外線が最も強くなり、また、標高の高い場所ではより影響を受けやすくなるので登山やトレイルランニングなど山でのアクティビティでは特に気をつけたいところ。一方で、ビーチの砂は紫外線を強く反射するのでマリンスポーツでも注意が必要です。

Zoff

ぜひ、今夏の紫外線から眼を守るために「Zoff UV クリアサングラス」を選んでみてはいかがでしょうか。

詳細は特設ページまで→http://www.zoff.co.jp/sp/zoffuv/