1969年に米サンフランシスコでデニムとレコードを扱う小さなセレクトショップとして産声を上げたGap。40 年以上の歴史の中で、常に進化をつづけ、世代を超えて愛されるブランドへと成長を遂げたそのGapがアメリカンカジュアルとしての地位を確立した1990年代に着想した復刻コレクション「The ’90s Archive Re-Issue」を発表しました。

Gapフラッグシップ原宿に「“I am GAP”CONCEPT STORE」をオープンし、当時の興奮をまさに「今」の空気感へと繋げるスタイルとして表現しています。

また、「“I am GAP”CONCEPT STORE」では90年代のアメリカ、そして、日本の原宿カルチャーを語る上で欠かせないムーブメントのひとつ、スケートカルチャーに着目し、東京のスケートウェアレーベルDiaspora skateboards(ディアスポラ スケートボーズ))にフォーカスを当てた写真展を、2月25日と26日の2日間限定で開催。

Diaspora skateboardsクルーと親交が深く、多岐に渡り活躍する中野道氏がフォトグラファーをつとめ、「The ’90s Archive Re-Issue」を纏うリアルなDiaspora skateboardsを映し出しているとのことです。

さらに、写真展に合わせGap×Diaspora skateboardsによるExclusive TeeがGapフラッグシップ原宿にて2月25日より限定発売。Gapの90’sクラシックロゴに、 Diaspora skateboardsの代表的デザインであるMagic Circleが歪に重りあい、両者のアイコンが見事に共鳴している限定アイテムをぜひお見逃しなく。

sample alt

Gap×Diaspora skateboards The 90’s 写真展
開催期間:2017年2月25日、26日
場所:Gapフラッグシップ原宿 03-5786-9200