ウインタースポーツの季節到来!

激しい動きを伴うアクティビティの最中に同行者と会話することはなかなか至難の技、はたまた、イヤホンで耳をふさいで音楽を聴くことは周囲の状況を把握できずに危険を伴います。しかしながら、仲間とスムースに会話しながらゲレンデを滑走できたり、音楽を聴きながら自然を満喫できればウインタースポーツもより楽しみが増すかもしれません。

そんな中、ソニーが画期的なスノースポーツ専用コミュニケーションギアを開発。ヘルメットマウントワイヤレスヘッドセット「NYSNO(ニスノ)-10」として2017年1月下旬に発売します。

NYSNO

この「NYSNO-10」はヘルメットのシェルを直接振動させることで音を作り出す技術を採用し、耳をふさがず、滑走音など周囲の音も聞きながらコミュニケーションや音楽が楽しめるというもの。

スノースポーツ用ヘルメットの外側の後頭部付近に、付属のマウントを接着した上で、ワンタッチで装着して使用します。

マウントを接着する範囲に凹凸がなく、本体を装着する範囲に突起物がなければ、どのブランドのヘルメットも使用可能とのことです。

NYSNO

「NYSNO-10」本体

NYSNO

「NYSNO-10」に付属するリストバンド型リモコン

また、スマートフォンを介さずに離れた仲間やコーチと滑走中も会話ができる「グループトーク」機能を搭載。「NYSNO-10」同士を3台までグループ登録することができるので、Bluetooth®通信で最長約1km離れた相手との同時会話を実現します(※地形や天候、障害物、周囲の電波状況で短くなることもあり)。

スマートフォンとBluetoothで接続すると、ハンズフリー通話ができたり、音楽再生も可能。スノースポーツに欠かせない防水、防塵、耐衝撃、耐低温性能も備えています。

販売は株式会社ロータスインターナショナルが担当し、2017年1月下旬より発売予定(3,000台予定)で好評予約受付中。ゲレンデでの新たなコミュニケーションツールとして注目を浴びそうです。

詳しくは製品情報サイトまで。
http://www.sony.co.jp/Products/NYSNO/