音楽を聴きながらスポーツをするという方は多いはず。では、スポーツの時の自分の身体の動きが音に変換されるとしたら?

ソニーが手がける新しいプロジェクト「MOTION SONIC PROJECT」が目指しているのはまさに「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」です。

マイクとジャイロセンサーなどを組み合わせ、動作の軌道や緩急、さらに揺らぎなどの情報を高精度に取得することで、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という、2つの体験を生みだすアイテムの開発に取り組んでいます。

この「MOTION SONIC PROJECT」によって、汗をかいたり、ストレス発散するためにしていたスポーツが“音楽を作り出すため”という新しい選択肢を獲得することになるかもしれません。

現在は実験機でのデモンストレーションですが、今後どのように商品化されていくのか気になるところです。

詳しくはオフィシャル・サイトまで→http://motionsonic.sony/ja/