スティーヴン・コトラー 著 / 熊谷玲美 訳 / 早川書房 / ¥ 2,200

onyourmark編集部がオススメの書籍をピックアップするMARK BOOK。今回は、“フロー(Flow)”とエクストリームスポーツの関係を解き明かす一冊です。

目の前の作業への集中が高まり、それ以外のことはどこかへいってしまう。行為と意識がひとつになる。時間が飛ぶように過ぎる。自己意識は消える。そしてパフォーマンスは天井知らずに高まる。そのような状態を“フロー(Flow)”と名付けて研究対象にしたのが、心理学者のM・チクセントミハイです。『フロー体験 喜びの現象学』という書籍にもまとめられています。また、TEDでは彼の講演を映像で見ることもできます。

そんな“フロー状態”はエクストリームスポーツのシーンでよく見られるそうです。本書では、フローに入るための条件から、それを日常生活へ応用する方法まで網羅されています。人類を次の次元へと誘う“フロー(Flow)”のヒントはonyourmark読者にも馴染み深いエクストリームスポーツに隠されているようですね。

これまでのMARK BOOKアーカイブはこちら

(写真 鈴木泰之 / 文 onyourmark編集部)