登山やトレイルランニング、さらにはスキューバ・ダイビングなどアウトドアアクティビティで欠かせないスポーツウィッチを提供するSUUNTO(スント)

高い支持を集めるSUUNTOが1936年にフィンランドで世界初の液体封入式コンパスを発明することでオリエンテーリングの元フィンランド代表選手であるトーマス・ヴォホロネンにより創業されたことは意外に知らない方も多いのでは。

そんなSUUNTOが1998年に発売し、高度計や気圧/温度計、電子コンパス機能を世界で初めて腕時計サイズに収めたアウトドアモデルとして高い評価を得ていたSUUNTO Vector(スント ヴェクター)

SUUNTO Vector

350万台以上販売するロングセラーモデルとなり、16年の歴史を刻んだこのSUUNTO Vectorは内部基盤の部品調達の関係で2014年12月末をもって惜しまれながら生産終了となりました。

SUUNTOのアイコン的存在だったこともあり、復活を望む声も多く聞かれる中、この度「SUUNTO Vector The Final Edition」(スント ヴェクター ザ ファイナル エディション)として日本限定で100台発売されることが決定。

アウトドアでの活用だけでなく、タウンユースでも愛されてきた丸みを帯びた特徴ある北欧デザインと発売当時から最も人気があったイエローのカラー、そして、初期モデルと同じポジティブ液晶が採用されており、本体ベゼル上部には限定復活の証である「THE FINAL EDITION」と施されています。

SUUNTO Vector

さらに時計本体の裏には限定の証として「001/100~100/100」と個別のシリアルナンバーを刻印。

SUUNTO Vector

価格は32,000円(税抜)で、スント公式オンラインストアにて2016 年11月8日(火)より発売開始。ぜひ、ベストセラーモデル「SUUNTO Vector」を手に入れる最後のチャンスをお見逃しなく!

SUUNTO 公式オンラインストア:http://www.suunto.com/ja-jp