(写真 KUNI TAKANAMI / 文 倉石綾子 / 協力 MOUNTAIN ATHLETICS

 夏はセルフビルドのツリーハウス「nozawa green field」の運営と畑仕事、北竜湖や千曲川でのSUPツアーのガイド。冬は雪山を滑りながらスキーの魅力を発信するナチュラリスト、河野健児さん。長野県の豪雪地帯として知られる野沢温泉村に生まれ育ったことから、幼少時から長野の自然に親しんできた。

「日本は四季がはっきりしているというけれど、長野の北信エリアはとりわけその傾向が強い。ひとつの季節はもちろん、その移ろいにさえもメリハリがあるんです。深い雪に閉ざされる冬、春先に地中から顔を覗かせる山菜や山の恵み、輝くような新緑に包まれる5月。暑い夏を経て11月に紅葉が始まり、初雪が舞い始めると一気に冬のスイッチが入る。こう考えてみると、長野の1年はあっという間ですね」

 身の回りに息づく自然への愛着は、年を経るごとに強くなっている。実は河野さんは一流のスキーヤーだった。小学2年生から18歳までをアルペンスキーの選手として活躍した後、フリースキーに転向。雪上の格闘技とも呼ばれるスキークロスに魅了され、世界を舞台に戦ってきた。そうした生活にピリオドを打った時、河野さんが抱いたのは「長野をベースに、自然とつながる暮らしを長く続けていきたい」、そんな思いだった。

sample alt
sample alt
sample alt

森から川へ、そして海へ。長野の自然を120%楽しむ。

 昨年には日本最長を誇る信濃川の源流から日本海まで367kmを、キャンプ道具を携えてSUPで旅した。急峻な流れはやがて大らかなうねりとなり、そして日本海へと注ぎ込む。それぞれのポイントで異なる景色が広がっていて、その景色の連なりは、海も森も川も、すべてが一つにつながっているという視点を河野さんにもたらした。

sample alt

「北アルプスや信越五岳を擁する長野には山のイメージがつきものですが、千曲川、木曽川、天竜川と、悠々たる水の流れに恵まれた地域でもあるんです。長らく故郷の雪山を滑ってきましたが、SUPをやるようになったいま、山に加えて川を知ることもできたんです」
「冬こそ本番」というスキーヤーとしての意識は、SUPのおかげで「夏もオンシーズン」というさらにポジティブなものに変わったという。現在、思い巡らせているのは、四万十川のSUPパッキングや利根川の源流から太平洋までの旅。森も川も海も一つにつながっていると考えたら、遊びのフィールドは無限に広がる。

sample alt
sample alt

 山から川へ、スキー板からSUPへ。季節に合わせて道具もフィールドも自在に変えて、自然の遊びを追求し続ける河野さん。よく遊び、よく動き、よく生きるためには、「本質」こそが重要だと考える。
「例えばアウトドアの道具なんて、それでしかないですよね。道具をうまく使いこなすには、そのものの本質を捉えなくてはいけない。これはどういう道具で、この構造やディテールがどんな役割を果たしているのか。そこを理解しないままむやみやたらにいじっていても、使いこなすことはできません。逆に、ものの本質を見極められればそれとの付き合い方は格段にスマートになります。自然での遊びも、生活も、生き方も同じこと。本質を捉えていなかったら、楽しむことはできないんです」

トレーニングも道具選びも、本質的を求める。

sample alt
sample alt
sample alt
sample alt

 河野さんにとっては、よく遊び、よく生きるために欠かせないというトレーニングも同様である。現役時代、パフォーマンスを上げるために行っていたトレーニングは、日々の生活の質を向上させるためのそれに変わった。現在のトレーニング内容といえば、例えば畑仕事だったりセルフビルドの小屋造りだったり、あるいはSUPのポンピングだったり。日常のあらゆるシーンが実践的なトレーニングになる。現役時代より身体は小さくなったというが、これが現在の生活スタイルに最もフィットする身体なのだ。

sample alt

「トレーニングの本質は、この動きはどこを使うのか、どうしてこれが必要なのかという意識だと思うんです。身体へ常に意識を傾ける、それが成果に結びつく」
 だから身の回りにも本質的なモノしかおきたくない。自らSUPブランドを立ち上げたのも、「デザインが良くて、ウォーターフィールドへの旅のシーンを想起させてくれて、遊びの可能性を広げてくれる」という、自分が求めるものを満たすSUPを見つけられなかったから。スキーのギアも、身につけるウエアもまた然りである。

sample alt
sample alt

「モノ選びに際して僕は見た目を重視するんですが、それは見た目には機能が宿るとわかっているから。機能とデザインのどちらをも備えていること、それが本質的だと思うんです。そしていいモノを選ぶには、自分の本質もわかっていなくてはなりません。そうすればいまの自分のスキルや経験値、目標、ゴールにぴったりフィットするモノを選べると思うんですよ」
 河野さんにとっていいモノを選ぶという行為は、自らの本質を探るプロセスでもあるのだ。

ONにもOFFにもシームレスに使える大人のトレーニングウェア
THE NORTH FACEが提案する新たなトレーニングスタイル、それが「マウンテンアスレチックス」。ランニング、ヨガ、クライミング、あらゆるスポーツシーンにフィットするばかりでなく、自らのパフォーマンスをさらにアップする、そんな可能性をもたらすウエアだ。アウトドアアクティビティでの使用に耐えるタフかつ高性能な素材を用いながらも、デザイン、ディテールはあくまでもシンプルで都会的。アウトドアからインドアへ、トレーニングから街、そして旅へ。あらゆるシーンを全力で楽しみたい、そんなアクティブな大人のためのワードローブが揃っている。

sample alt

トップス”ショートスリーブRDTボルテージクルー”¥6,900(+税)
表面は撥水性を、肌に接する面は吸水力を高めたショートスリーブのTシャツ。どんなに汗をかいても素早く表面に発散させるので、行動中のムレや汗ジミも気にならない。

ボトムス”ボルテージショーツ”¥5,900(+税)
高いストレッチ性と耐久撥水性を兼ね備えたトレーニングショーツ。雨をはじくのはもちろん、汗戻りをしないので着心地はいつもさらりと快適。シンプルなデザインなのであらゆる場面、トレーニングにフィットする。切り替えのテープがアクセントに。

sample alt

トップス”ロングスリーブアンペアクルー”¥4,900(+税)
吸汗速乾性に優れた糸を特殊な構造に編んで仕立てたカットソー。肌に接する面は汗を素早く外に逃し、表地は汗戻りを防ぐのでどんなに汗をかいても肌表面は常にサラサラ。シンプルなデザインゆえ、どんなシェル、パンツとも相性が良く、ランニング、SUPなどフィールドを選ばず着用できる。

ボトムス”エイペックスライトショーツ”¥7,900(+税)
エイペックスライトジャケットと同じ素材、4方向に伸縮する優れたストレッチ性のある高機能のトレーニングショーツ。ウエストに配したストレッチメッシュ素材が上半身の汗を吸い上げて素早く発散させるので、生地が肌にまとわりつかず足さばきは常に快適。ウエスト部分に3つのポケットつき。

sample alt

トップス”エイペックスライトジャケット”¥16,000(+税)
ポリエステル100%でありながら4方向に伸縮する優れたストレッチ性を実現。濡れても重くなりにくい、吸水速乾性の高い軽量ジャケット。表面には撥水加工を施しており、多少の雨天にも対応可能。人間工学に基づいたデザインは、運動のどんな動きも妨げない。
ボトムス”エイペックスライトロングパンツ”¥9,900(+税)
エイペックスソフトシェルスーパーライト素材を使ったボトムス。優れたストレッチ性を発揮するので、ダイナミックなトレーニングの動きにもフィットする。撥水性があり吸湿速乾機能も高いので、屋外で長時間着用しても着心地は常に快適。

sample alt

トップス”テックエアースウェットフーディ”¥11,000(+税)
ストレッチ性の高いニットを段ボール状の3層構造に形成した、特殊構造のスウェットトップス。層の間にたっぷりとエアを保持することで高い保温性と通気性を叶えた。肉厚の素材ながら軽さをも実現しておりトレーニング時の着用はもちろん、街着、移動着など幅広いシーンで活躍する。

ボトムス”テックエアースウェットパンツ”¥9,900(+税)
フーディと同素材で仕立てられたパンツ。トップスと同様、優れた吸汗速乾性を持ち、トレーニングから日常着まで、あらゆるシーンをカバーする。立体パターンを取り入れており、運動時のどんな動きも阻害しない。静電気の発生を抑える静電ケア機能搭載。