アディダスが手がけるグローバルなランニングコミュニティ「adidas Runners」(アディダスランナーズ)

「自分をより高めたい」という思いを叶えるレベルの高いプログラムを提供し、食事に関するアドバイスやフィットネスプログラムを加えるなど、ランニングコンテンツのみに留まらないあらゆる角度から参加者をサポートするものとして、ドイツやイギリスをはじめ世界15都市で無料で展開されています。

その「adidas Runners」がいよいよ日本に初上陸。ローンチイベント「adidas Runners of Tokyo WORLD BATTLE RUN」には世界中から約300名が集結しました。

コミュニティの幕開けとなる結団式には福士加代子選手(ワコール女子陸上競技部)、adidas契約フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏なども登場。ドイツ・ベルリンのadidas RunnersからキャプテンのKatharina氏とコーチのTobias氏によるワークアウトを皮切りに、ウォームアップランニングからランニングのメソッドが詰め込まれたチームリレー形式の「WORLD BATTLE RUN」が実施されました。

adidas Runners of Tokyo
adidas Runners of Tokyo
adidas Runners of Tokyo

12チーム対抗のリレー形式のランニングでは、通常のストレートランニングの他、ラダーを使った「両足ジャンプ」ゾーン、パラシュートを着用して走る「パラシュートダッシュ」ゾーンなども組み込まれるなど、「adidas Runners」らしい多彩な内容に会場は大きく躍動。

adidas Runners of Tokyo
adidas Runners of Tokyo
adidas Runners of Tokyo

優勝したチームにはチームメンバー全員にmiadidasが贈呈され、また、福士選手から1日を通して最も活気のあった方にMER賞(Most Energetic Runner)としてボストンマラソンの参加権利が贈られ、さらに疲労回復スペシャルフードが提供されたアフターパーティでは参加者同士がお互いを讃え合いながら交流が生まれ、大きく盛り上がりました。

コミュニティへの参加方法やイベント情報など詳細はadidas Runners of Tokyoの公式HPまで。
http://japan.adidas.com/adidasrunners/ja_JP/