Gapのスポーツウェアライン 『GapFit (ギャップフィット)』が”スポーツと乳がん”をテーマにしたチャリティヨガイベント『GapFit CHARITY YOGA EVENT』を9月30日から3日間、ギャップフラッグシップ原宿にて開催します。

“スポーツが習慣になる”ということが身体にいいということをなんとなく実感している人も多くいるなか、実は、医療の分野でもその効能が注目されているのをご存知でしょうか。がんセンターが行っているコホート研究という分析疫学における手法の1つの例として、週3日以上の運動をする女性は、月3回以内の女性と比べると、乳がんに罹患するリスクが27%低いという結果が実証されているそうです。(早稲田大学スポーツ科学山内やよい氏より)。

現在、乳がんの罹患率が年々日本でも高まり続ける状況ですが、日本での統計では、8万人の乳がん罹患者から、7万人の人々が生存し、その後、社会に復帰していくそうです。アメリカの研究では、治る病気として、乳がんに罹った後の運動についても研究が進められており、その代表的なスポーツのひとつとしてヨガが推奨されています。

sample alt

身体にいいこと、そしてこれからの社会のためにできること

sample alt

GapFitは、乳がんサバイバーの方をはじめ、彼らを支える全ての方への支援を目的とした乳がんに関する知識と理解を深める取り組みを実施します。

このような背景から、今回のチャリティイベントではモデルやアスリートのヨガ指導をはじめ、さまざまなヨガイベントや各専門誌など多方面で活躍する インストラクター大友麻子先生を迎えてヨガクラスを実施。さらに、乳がんに対する基礎知識と理解を深めるられるミニトークショーも行います。

イベント概要
開催日程:2016年9月30日(金)、10月1日(土)、10月2日(日)
開催日時:8:00〜9:40
開催場所:ギャップフラッグシップ原宿 ホワイトスペース
参加寄付費:1口 / 1000円 〜 (ヨガマットレンタル込)
参加者プレゼント:GapFit Tシャツ、cocomax
応募申込締切:2016年9月18日(日)
_________________________________________

参加者申込の方はこちら

寄付のみの申込も受つけていますこちら

※参加費は全額、キャンサーネットジャパンへ寄付され、乳がんに関する支援活動に役立てられます。

_________________________________________

タイムスケジュール
開場:8:00 
開演:8:20 トークショー「乳がん予防・治療にもたらすスポーツの効能」
開始:8:40 ヨガセッション
トークショーゲスト:山内 やよい氏(早稲田大学スポーツ科学研究センター招聘研究員 早稲田大学グローバルエデュケーションセンター講師、博士(スポーツ科学))
川上祥子氏 NPO 法人 キャンサーネットジャパンにて理事・事務局長 を務める。CNJ:http://www.cancernet.jp/

sample alt

ヨガ講師:大友 麻子
ジャックマイヨール氏の影響でヨガを始め、「ヨーガと心、精神と身体」の更なる探求のためヒプノセラピストとしても活動し、ゴルファーやサーファーのためのヨガ、免疫力アップのためのヨガなど各専門誌での連載経験も多数。生徒さんはモデルさんなどボディコンシャスでセルフケア意識の高い女性から、一般の方、産前産後のお母さんまで支持が厚い。
YOGA STUDIO TOKYO

寄付へつながる。GapFit BCRFコレクションが登場

米国『Breast Cancer Research Foundation(BCRF)』と 『GapFit 』がコラボレーションしたスポーツウェアは、GapFit限定取扱い店舗およびオンラインにて2016年9月13日より発売予定。コレクションの売上の一部(15%)は、乳がんの予防と治療研究を行う米国BCRFへ寄付されます。

onyourmarkでは、このイベントを通して、スポーツが私たちのライフスタイルにどんなメリットをもたらしてくれるのか、また、このイベントをきっかけに身体のこと、今、社会が抱える問題などを、今後取材していく予定です。

お問い合わせ先
Gapフラッグシップ原宿:03-5786-9200