みなさんにとって、自転車に乗るという行為の面白さはどういった点が挙げられますか?

僕自身は、幼い頃に友だちと隣町へ行こうと計画を立てて実際に走ったり、釣り竿を括り付けて家から遠く離れた池まで走って行ったときに感じられたあのワクワクする気持ちが、ある種の初期衝動として今でも失われていないことだと思います。

人力で動く自転車だからこそ、行ったことのない場所へとペダルを漕ぎ進めることは、僕らが幼い頃に感じたあのワクワクする気持ちを呼び覚ましてくれます。今でも普段のライドでは、走った事のない道を走り回ったり、冒険してみようという気持ちが強いのですが、きっとこの記事を読んでいる方の中にもそういった方は少なくないはずです。

我々サークルズと同じ傘のもとで、自転車乗りの為のライフスタイルの想像をしているディストリビューション部門のSimWorks/シムワークス。そこでは洋の東西を問わず世界中の優れた製品を紹介したり、オリジナルの製品を製作したりと、現代失われつつあるモノ作りの本質や意味を次の時代にもしっかりと導くために、僕たちが信じている自転車という乗り物に置き換えて日々新たなアイデアや思想を生み出しています。

MARK GEAR

そんなシムワークスの生み出すさまざまな製品では初めてとなる、オリジナルタイヤが発表されたのをご存知でしょうか? そのタイヤの名はThe Homage/オマージュ。その昔マウンテンバイクが全盛だった頃にパナレーサーで作られていた「マッハSS」というタイヤのパターンを、グラベルライドやバイクパッキング、そしてオールテラインといった、現在進行形で多様化する自転車の楽しみ方にあわせてリファインしています。

MARK GEAR

センタースリックと呼ばれる、オフロードバイク用のブロックタイヤほどゴツゴツしていない独特のパターンは、皆さんの冒険心を刺激してくれることでしょう。もちろん世界に誇るべきパナレーサーによる安心の日本国内製造品。僕自身も完成当初から現在進行形で使っていますが、今回はこのタイヤの特徴をご紹介したいと思います。

1:オンロードでの特徴

MARK GEAR

綺麗に舗装された道路では細いタイヤほど路面抵抗が低く、転がりやすいのでスピードが出やすいです。このオマージュタイヤは、タイヤ幅43mmと、一般的なロードバイクのタイヤ幅である25mmに比べてかなりボリュームがあるのですが、センター部分が持つヤスリ目のパターンにより、そのボリュームを気にさせないほどスムーズに転がるのが印象的。もちろん細いタイヤと比べて重量も若干は重くなりますが、速く走るということにこだわらなければとても快適という言葉につきます。

そしてバイクパッキングやツーリングといった用途はもちろん、通勤や通学、街への買い物と行った日常的な使い方にもお勧めできる万能なタイヤです。

2:グラベル(砂利道)での特徴

MARK GEAR

オマージュタイヤが最も得意とするのが、砂利道やドライなオフロードなどといったグラベルです。43mmのボリュームを活かして、悪路を気にする事なく突き進むことができるだけでなく、トレッドの両サイドに配置されたブロックパターンのおかげで、しっかりとしたグリップ感を得られます。先日のバイクパッキングトリップでも、テントや寝袋を積んだ状態で未舗装路を走ったのですが、コーナーでバイクを倒してもしっかりと路面を掴んで進んでいる感覚があり、安心して走りきることができました。

砂利よりももっと大ぶりな石が転がっている路面や木の根っ子が張り出したトレイル、ぬかるんだオフロード等では少し注意が必要ですが、それでも本当に幅広い路面状況に対応でき、控えめに言ってもとても優秀な万能オールテラインタイヤだと思います。

MARK GEAR

4泊5日のバイクパッキングトリップを共にした、カリフォルニア州ナパでハンドメイドバイクを作っているRetrotec/レトロテックのビルダーであるカーティス・イングリスもこのオマージュタイヤを履いたオールロードバイクで今回の旅を楽しんでいました。

MARK GEAR
MARK GEAR

ラインナップは700x43Cと650x43Bの2サイズ展開。43mm幅ということで、タイヤクリアランスという点でどんなバイクでも装着できるものではありませんが、サーリーのクロスチェックやストラグラーのようなタイヤクリアランスにゆとりのあるシクロクロスバイクや、ツーリングバイク、コミューターなどさまざまなバイクにフィットします。

カラーは定番のブラック/ブラックサイドに加え、ブラック/ブラウンサイドとライトグリーン/スキンサイドが近日中にリリース予定。ご自身の自転車に装着できるどうかといったフィッティングについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

Webshop
・650x43B:http://shop.circles-jp.com/?pid=100903205
・700x43C:http://shop.circles-jp.com/?pid=100903149

最新情報
RIDEALIVEから生まれたコンセプトブランド「RAL」のページにて様々なオリジナルアイテムをご紹介させて頂いております。富士山周辺から伊豆大島を旅したバイクパッキングトリップについてもこちらのページでレポートしていきますのでお楽しみに。http://ral.life/

ショップ情報
Circles
Circles(サークルズ)
住所 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4-14-20
TEL 052-331-3232
営業時間 10:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)
定休日 木曜日
http://circles-jp.com/