もともとは陸上競技用にPUMAが開発したディスクシステム。これまで110メートルハードルのコリン・ジャクソンや走り幅跳びのハイケ・ドレクスラーなど多くのメダリストを支えてきました。シューレースを用いず、内蔵されたワイヤーにより締め付けを調整し、これまでにないフィット感を実現させ、誕生から25年経った今でも根強い人気を誇っています。

PUMA IGNITE DISC

その、ディスクシステムがこの度アップデート。最新テクノロジー「イグナイトフォーム」を搭載したランニングシューズプーマ イグナイト ディスクが誕生しました。

PUMA IGNITE DISC

新しいディスクシステム、アップデートしたのはどんなところ?

今までのディスクシステムとの違いは構成するパーツの数にあります。これまでは全部で11個のパーツで成り立っていましたが、最新のディスクシステムは5個のパーツでできており、重さも18gから12gに減量。シンプルかつ軽量化を図りつつ、確実なホールド性を確保し、もちろん簡単な着脱やフィッティングも実現しています。

PUMA IGNITE DISC

これまでのパーツ

PUMA IGNITE DISC

最新ディスクシステムのパーツ

プーマ イグナイト ディスクの特徴は?

そんな最新ディスクシステムを採用しているプーマ イグナイト ディスク。パフォーマンスシューズとしてのフィット感を確保しつつ、さらに抜群のクッション性と驚異的な反発性をもたらす「イグナイト フォーム」と安定性と耐久性を持ち合わせた「フォーエバー フォーム」をミッドソールに搭載しています。

PUMA IGNITE DISC

イグナイト フォーム
驚異の反発性とクッション性を発揮するPUMA独自の新世代PUフォーム。着地時にはしっかりと衝撃を吸収し、高反発性が蹴り出し時をサポートします。

フォーエバー フォーム
自動車のサスペンションパーツとして開発された基礎技術を応用した新フォーム。かかとのミッドソールに内蔵されたフォーエバー フォームは着地時のぶれを抑え、ソフトな着地感を導き、安定した走りをサポートします。剛性と耐久性に優れていて、温度変化にも強く真夏でも真冬でも安心して走ることができます。

さらにアッパーはメッシュ素材が施され通気性もあり、快適性を高めるクッション層(スポンジ)や優れた屈曲性を備え、スポンジライニングがワイヤーの締め付けによる肌当たりを軽減してくれます。

最新ディスクシステムの登場を記念したイベントも開催

新しいディスクシステムの登場を記念して4月5日に大阪長居スタジアム、4月7日に東京夢の島競技場でPUMA DISC Relay Carnivalが開催。4人で約1.3kmずつ襷を渡しながら走り、タイムを競うショートEKIDENと1名以上の女性を含む4人1組が4×100メートルのリレーが行われました。

PUMA IGNITE DISC
PUMA IGNITE DISC
PUMA IGNITE DISC
PUMA IGNITE DISC

詳しくはこちらから。
 
新しいディスクシステムとエントリーランナーからエリートランナーまでトレーニングに使用できるオールラウンドモデルに仕上がったプーマ イグナイト ディスクにぜひご注目ください!

PUMA IGNITE DISC/プーマ イグナイト ディスク
14,800円(本体価格)
3色展開
グリーン ゲッコ / サーフ ザ ウェブ
サーフ ザ ウェブ / プーマ シルバー
ブラック /グリーン ゲッコ
サイズ展開
25.0~29.0、30.0、31.0

PUMA IGNITE DISC WOMENS/プーマ イグナイト ディスク ウィメンズ
14,800円(本体価格)
2色展開
ダズリング ブルー / ブラック / ミント リーフ
ブラック /プーマ シルバー /ダズリング ブルー
サイズ展開
22.5~25.0