(文 / 小泉咲子 協力 / SKINS

もっと遠くへ、もっと速く、もっと長く――。自分の限界を押し上げることに全力を尽くす人へ敬意を表すSKINS。オーストラリアで生まれたこのブランドは、パフォーマンスを向上させるコンプレッションウェア開発を、愚直なまでに追求してきた。たとえば、SKINSが世に送り出した最初の製品には、テストに5年もの歳月が費やされた。開発で最も大事なのは、新製品を次々に出すスピード感よりも、本物であることなのだ。

北島康介選手の高いパフォーマンスを支えるSKINS

SKINSが力を発揮するのは、スポーツ中だけはない。スポーツ後のリカバリーにも期待できる。その魅力を実感しているのが、競泳の北島康介選手だ。

sample alt

「男女問わず、トレーニングでの高いパフォーマンスを求めてSKINSを選ぶ人が多いと思いますが、僕もそのひとり。レース後は、リカバリー的な意味合いで着用しています。そもそも着るようになったきっかけはリカバリーが目的だったんです。競泳の水着は着圧がきついので、正直、水の外でも着圧ウェアを着るのはどうなんだろうと思っていたんですけど、すんなり取り入れられましたね。競泳は、一日に何回も泳がなければいけません。SKINSは、身体の負担のリカバリーによって高いパフォーマンスを維持したいという思いにしっかり応えてくれます」

sample alt

アテネと北京オリンピックでは2大会連続で、100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得。今年開催されるリオデジャネイロオリンピックは、出場が決まれば5度目となる。現在、33歳。「オリンピックに行くことしか考えていない。水泳人生のラストチャンスだと思って勝負していきたい」と闘志はまったく衰えない。

sample alt

「目指すところがあるから、続けてこられている。僕は、水泳という競技を極めたい気持ちが強いんです。スポーツをする上で大切なのは、自分がしている競技を知り尽すこと。誰かの真似ではなくて、自分の身体に適したトレーニングを見つけてやった方が、結果は出る。今までやったことのないトレーニングにもチャレンジしてほしいですし、そうすることで自分の視野や引き出しが増やせます。僕も、さまざまな考えを取り入れてトレーニングしています。そのときどきにあった引き出しを出していくやり方をここ最近はとっていますね」

SKINSの最大特徴は、その着圧設計にある

sample alt

運動中の身体を単に締め付けるのではなく、それぞれの部位に適した着圧を与える動的段階的着圧により、筋肉の振動を減少させる効果が期待できる。視覚的にわかりやすいのが、オーストラリアのスキンズ社が制作した、双子がトレッドミルを走る動画。ひとりはSKINSを着用し、もうひとりは着用していない。SKINSを着用している方は、走っている最中、筋肉が無駄に揺れることがない。どちらが10㎞をより速く走れるか。答えは、言わずもがなだ。

パフォーマンスを上げるアンダーウェアというカテゴリーを切り開いたSKINS。その代表的な製品が「A400」だ。筋肉を段階的生体力学に基づき、5種類の生地を使用し、とくに、自然な動きを妨げたくない部分には、スパンデックスとナイロンを組み合わせたメモリーMXという新素材を採用。着用時のストレスを軽減させてくれるため、日々、激しいトレーニングによって自らのパフォーマンスを進化させるアスリートに愛用者の多い。
「A400」が“動”向きだとすると、「RY400」は“静”のためのウェアと言える。気持ちのいい適度な着圧は、着ていることを忘れさせてくれるほどのフィット感。また、飛行機に乗っているときに着れば、長時間移動がリカバリータイムになる。

オンにもオフにも使える新シリーズ「DNAMIC」がデビュー

そして2016年、部位ごとに素材のパターンを見直したニューモデル「DNAMIC」が誕生した。ブランド・アンバサダーとして、そのモデルを務めるのが北島選手。シドニーを拠点に活躍するグラフィックアーティストとコラボしたデザインに身を包み、野生に戻るコミカルな動画作品にも注目を。
SKINSが独自開発した“動的段階的着圧”が激しい動きにも適度な着圧を与え、パフォーマンスを高めてくれる。トップスは、襟を深めにすることで首への圧迫感を軽減。タイツは、肌触りのいいウエストベルトを採用。着心地のよさにもこだわり、オンでもオフでもずっと着ていたくなる。

sample alt

SKINSを着用することで、「次のレースに向かう姿勢さえも変わる」と北島選手。「着ると『しっかりトレーニングするぞ』と“やる気”を引き出してくれる、強くなるために必須のアイテムです」パフォーマンス向上とより速いリカバリーというスポーツをする人なら誰しもが求めるものに応えてくれる上に、モチベーションもアップさせてくれるSKINSで、さらなる高みを目指したい。

『SKINS』 DNAMICスペシャルサイト http://www.skins-jp.com/dnamic/