2回目の登場となります、Circlesの池山です。

自転車屋であるCirclesですが、自転車用のバッグというと、まずメッセンジャーバッグを思い浮かべることが多いでしょう。今回ご紹介するのはTruce Designsと呼ばれるメーカーのバッグ。いわゆるメッセンジャーバッグとは違い、自転車だけでなくさまざまなシチュエーションで使うことができるバックパックです。

ChrisKingやCieloといったバイシクルカルチャーを語る上で重要なメーカーやビルダーが拠点を置く、オレゴン州ポートランド。自然豊かなその地でハンドメイドバックを作っているのが、今回ご紹介するTruce Designsです。手掛けているのはルーク・マザーズ。自転車はもちろんのこと、トレッキングやセイリング、そしてサーフィンといったマリンスポーツがとても得意な彼はまさに遊びの達人であり、あらゆるフィールドからインスピレーションを得て、フォーム&ファンクションにしっかりと置き換えていくもの作りを大切にしています。

Circles

なかでも特徴として、ヨットの帆で使われているセイルクロスという素材に着目し、軽く強靭で高い防水性を兼ね備えたバックを作っている点が挙げられます。

Circles

Truce Designsを代表するプロダクトであるDrop Liner Backpackは、セイルクロスやドライスーツとして使用される軽くて丈夫な素材を用い、その形状は激しい動作にも対応し優しく体にフィットするため、さまざまなフィールドで活躍します。肩のストラップは自然と体にフィットし、胸のストラップや付属する腰のストラップを使用することで、激しい動きの中でもバッグの揺れを最小限に抑え、快適に背負うことができます。

Circles
Circles
Circles

フラップとセンター部分の2箇所に備えられたポケットは細かなものを収納するのにちょうど良いサイズ感。取り外し可能な2本のストラップはバッグに収まりきらないものを固定して持ち運ぶのに便利です。バイクから降りた際には、ヘルメットをフラップ部分に収めることもできます。また、肩ストラップを背面の腰バンドに収納する事で簡易的にダッフルバッグのように持つ事も出来るのが特徴です。

展開はSサイズ(14リットル)とMサイズ(24リットル)の2サイズ。

Circles

Sサイズはトレイルライドやツーリング、日帰りの輪行ライドなどにおすすめ。ハイドレーションバッグも収納できるようになっています。

Circles

Mサイズは通勤や通学といった毎日の生活から、トレッキングやバックカントリーなどのアウトドアフィールドでも活躍します。

私自身、MサイズのDrop Liner Backpackを4年以上、ほぼ毎日使っています。通勤はもちろん、旅先や、デイツーリング、自転車に乗って釣りに行くとき(幼少の頃と変わりませんが、去年からBike To Fishingを楽しんでいます!)など、私のタフな(雑なとも言いますね)使用にもへこたれずに今も現役で使っています。それでいて、軽くて扱いやすく、何より背負えばとてもしっくりとくる背負い心地に一度使うと癖になります。また、荷室には防水性の高い素材を使っているので、雨の日のライドでも中身が濡れた事はありません。

自転車だけでなく、様々な遊びを知り尽くした男だからこそ作る事のできるもの。是非とも色んなフィールドで苦楽を共にしてほしいバッグです。

Webshop
Small:http://shop.circles-jp.com/?pid=57838648
Medium:http://shop.circles-jp.com/?pid=62987111

最新情報
新店舗となる「Culture Club」と「PINE FIELDS MARKET」を中区松原にオープン!
Culture Club:https://www.facebook.com/cc.ngy/
PINE FIELDS MARKET:http://pfm.nagoya/

ショップ情報
Circles
Circles(サークルズ)
住所 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4-14-20
TEL 052-331-3232
営業時間 10:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)
定休日 木曜日
http://circles-jp.com/