(写真 渡辺誠司 / 文 小泉咲子)

「筋肉は美しい」と銘打った、女性限定のワークアウトイベントが、11月23日に開催されました。主宰は、アンダーアーマーがサポートする”The Athletic Woman”のためのWEBメディア『W-EVOLUTION』。ハードなトレーニングを通じて、自らの意志でトレーニングを行いたい、そしてさらなる筋肉の美しさを追求したい。そんな女性が30名集まりました。

sample alt

『MARK05 野生に還るための食とトレーニング』でカバーを飾った中村アンさんも語っていましたが、女性の美意識が“ただ単に細い”から“ほどよく筋肉のついた身体”へと移ってきています。女優やモデルたちが、リラックス系のエクササイズから、キックボクシングなどハード系トレーニングに移行しているのもその表れでしょう。今回のイベントは、こうした潮流に合った、今のスポーツ女子の気分にストレートにササるものでした。

頑張った成果が貯金として還ってくるのが筋トレ

着替えが終わった参加者は、まずはトレーニング効果を高めてくれる燃焼系ゼリーを摂取。大豆ペプチド、カルニチン、カプサイシン、COQ10に加え、ショウガエキスや大豆イソフラボンと女性に嬉しい成分が含まれており、身体の内側から燃えているような感覚に。トレーニングへの意欲も増します。

そして、自分自身と結ぶトレーニングへの“約束”をします。会場の入り口に張り出された格言は、思わずうなずいてしまう、珠玉の言葉ばかり。

sample alt

「身体の美しさは心の美しさ」
「アフター5のアルコールより、WORKOUT!」
「10年後の美しい筋肉を目指して」
「常に向上心!」
「未来の自分は今の自分の積み重ね」

怠けそうな自分に喝を入れてくれる格言です。ワークアウトに先立ち、この日トレーナーを務める友岡和彦氏(ドームアスリートハウス ジェネラルマネジャー)から挨拶がありました。ここでも、トレーニング意識を高めてくれる言葉が続きます。

sample alt

「トレーニングはキツくなってからが本番。そこからやれるか、やれないか。『やめようか』『しんどいな』そうした心の声が聞こえてきても、無視してやりきりましょう。頑張ったことが貯金として必ず還ってきます」

友岡トレーナーの言葉に耳を傾ける参加者たちは、さらに真剣な表情に。「やり切るんだ」そんな静かな、でも熱い闘志を燃やします。

身体の歪みをとった後、コアトレ&ドリルへ。

  • sample alt
  • sample alt

ストレッチや縄跳びでウォーミングアップした後、本格的なワークアウトがスタート。まっすぐ立った状態で、足裏をしっかり地面につけ、身体をねじったり上体を反らしたりして、どこが詰まり、どう自分の身体が傾いているのか感じます。この感覚を覚えておき、詰まりや傾きを取るエクササイズを行います。その後、同じように身体をねじったり上体を反らしたりすると、スムーズに動かせます。つまり、身体のズレや詰まりが取れた証拠です。

  • sample alt
  • sample alt

続いてコアトレへ。四つん這いで30秒キープするだけでも、肩で身体を支えるのではなく、おへそを背骨にくっつける意識で行うと、地味に見えてかなりキツい…。立派なコアトレになっています。

sample alt

また、熊のように四つん這いで歩くベアウォークも、コアやバランス感覚を養いながら股関節のストレッチになるトレーニング。ジワジワ身体が温まってきます。

sample alt

ワークアウトは、スクワットや腕立てなどのドリルに移ります。アシスタントが多く、ひとりひとりをアドバイスしてくれるのが、このイベントのいいところ。スクワットひとつとっても、膝を外側にし、後ろにある椅子に座るイメージで行うといった、正しいやり方を学べます。

sample alt

地獄のサーキットトレーニング。自分をとことん追い込む!

最後は、サーキットトレーニング。

ラン 3分→バーピー(手を地面につき、両足を伸ばし、立ち上がる)×25回→四つん這いになって横歩き30秒→肘を地面につき、テニスボールを3人で回していく×2分

これまで順調にこなしていた参加者たちの顔が、じょじょに歪んでいきます。脱落しそうになる人には「自分のベスト!!!!」「GO!GO!GO!」とスタッフから檄が。

まだまだ続くサーキットトレーニング。
スクワットの状態を8秒キープしてジャンプ→腕立てふせ10回→反復横跳び

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

 (写真左下)今回、編集部スタッフは、主催者より提供を受けたアンダーアーマーのウエアを着用しての参加。気になるヒップを隠せる長めの丈のトップスと、サポート力のあるタイツがトレーニングをサポートしてくれました。

すべてを終えた後は、全員が肩で息をし、中には地面に倒れ込む人も。ここまで追い込めるのも、イベントでみんなと一緒に行っているから。キツくとも諦めない意志の強さは、スポーツのパフォーマンスを高めるのに、必ず役立ちます。友岡トレーナーも「(イベント参加など)新しい環境に身を置くと、身体が変化に対応しようと筋肉がついてくる」とアドバイス。「筋トレは、やった分だけ成果が出るもの。頑張る者が成功者。日常生活にはない踏ん張る力がつき、心身が強くなります」と続けます。その言葉の真意を、今日のハードなトレーニングを通じて、誰もが感じ取ったはずです。

筋トレ後、30分の黄金タイムにプロテインを。

トレーニング30分後の筋肉のための“ゴールデンタイム”に、プロテインを摂取してアフターケア。プロテインというと味で躊躇する女性も多いけれど、「DNS woman ホエイフィットプロテイン」はミルクティー、Wベリー、ショコラの3つのテイストがあり、どれも美味。ダイエット中のたんぱく質補給にもいいそう。

sample alt

ハードなトレーニングとプロテイン摂取で、美しい筋肉作りをできたこの日。参加者全員の笑顔から、やり切った充実感が伺えました。

【お問い合わせ】
W-EVOLUTION
MAIL:w-evolution@domecorp.com
URL:http://www.w-evolution.jp/index.php