クライミングジムやヨガスタジオの施設『PLAY』を併設し、アウトドアに特化した複合商業施設として、今年3月にオープンした昭島のモリパーク アウトドアヴィレッジ。奥多摩フィールドにアクセスしやすい立地に、多数のアウトドアブランドが軒を連ね、アウトドアの魅力を体感できる新しいスタイルの施設として、人気をよんでいます。

そんなモリパーク アウトドアヴィレッジでは、今週末12月6日(日)THE NORTH FACE ショップで、日本南極地域観測隊の隊員として活躍した阿部幹雄さんによる「スノーモービルで走った南極6,200km」トークショーが開催されます。

阿部幹雄さんは、2007~2010年まで3年連続で日本南極地域観測隊の隊員として、装備、食料、安全管理を担当し、研究者を支えた人物。昭和基地には滞在せず、移動はスノーモービルと徒歩。3ヶ月間テントで生活するという、日本の南極観測史上初めての形態で活動された方なのです。

トークショーでは南極での3ヶ月間のテント生活や装備、極地での体験談を写真とビデオで紹介。さらに、数万年前の南極の氷の太古の空気が水の中ではじける音を聞いたり、南極で採取した隕石に触れたり、阿部さんが開発し、宇宙食にもなったフリーズドライ食品「南極野外食(極食)」の試食をしたり。と、未知の世界を体感できる内容です。
ぜひこの機会に、貴重な体験記を見て聞いて、感じてみてはいかがでしょうか。

「スノーモービルで走った南極6,200km」 阿部幹雄さんトークショー

日時:2015年12月6日(日) 13:00~15:00
場所:THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店
東京都昭島市田中町610-4 モリパーク アウトドアヴィレッジ内
参加費:無料(要予約)

【阿部 幹雄(あべ みきお)プロフィール】
愛媛県松山市生まれ、札幌市在住。写真家、ビデオジャーナリスト。
北海道の山々を登り、ヒマラヤ、千島列島、カムチャツカ半島、シベリア、北極など辺境の地を旅してきた。
2007年11月から2008年2月まで日本南極地域観測隊の隊員として、南極のセール・ロンダーネ山地地学調査隊に参加。
装備、食料、安全管理を担当し、研究者を支えた。移動はスノーモービルと徒歩、基地に滞在せず3ヶ月間のテント生活という日本の南極観測史上初めての形態の活動だった。

[ご予約・お問い合わせ]
THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店
TEL:042-519-1980
※参加のお申込みはお電話でのみ承っております。