(写真 濱田晋 / 文 小泉咲子 / 協力 ニューバランス)

ニューバランスの特設サイト、FIND YOUR BETAに登場する彼女たちはスピードやレースに拘らず、ただ走ることによって、心体ともにライフスタイルを豊かにしている女性たち。そんな彼女たちが、12月6日に開催される湘南国際マラソンに出場するという。完走を目指すのか、目標タイムを設定するのか、何を目的に走るのか――。そこでラン歴も、ランスタイルも、走るワケもそれぞれ違う3人の今の心境を聞いた。3人がスタート地点に立つのは、2カ月半後だ。

苦手意識のあるものこそ、ゴールが気持ちいい

sample alt

小さい頃から足が遅いのがずっとコンプレックスで、走ることが大ッ嫌いでした。保育園の徒競走では、必死にゴールする私を見て先生たちが感動してしまったほど。涙を誘う遅さなんです(笑)。こんな私が走るようになったのは知人から「走るの、向いてる」と言われたこと。私のどこにそんなポテンシャルを見出したのかさっぱりわからないですけど(笑)。
正直、ひとりで走ってみたものの、最初は全然楽しくなかったんです。それどころかつらい!って思いました。それが人とおしゃべりしながら、もっとゆっくり自分のペースで走ってもいいんだと気づいてからは、走るのが楽しいと思えるようになったんです。気持ちがいいのは、走っているときの“トントントン”という、頭の中で鳴っている自分だけのリズム。このリズムを乱さないため、走る時は音楽を聴きません。

今年の春、初めて大会に出ました。10㎞だったけど、心配性なところがあって、不安を払拭するために5㎞を3回くらい走りました。レース中はふだんよく行く大通りのど真ん中を走ることが新鮮でしたし、ゴールしたときの達成感は思っていた以上。ライブで味わう達成感は、ダンスも音楽も好きというベースがあって感じるものだけど、苦手だった“走る”ことで完走という結果を出した達成感はまた格別でした。

sample alt

10㎞をゴールしたとき「もうちょっといけるかも」と感じたんです。それでも、フルマラソンとなると話は全く別!42.195㎞も走り続けることが、今は全然想像できず怖いし、迷いがまったくないと言ったら嘘になる。むしろ迷いまくりです。でも、10㎞であれだけ楽しかったし、フルマラソンをゴールできたら、人生で最高の達成感を味わえるに違いないですよね!やるからには完走を目標に、自分の限界はどこなのかを知りたいです。

HALCALI YUCALI

ミュージシャン、モデル。02年、中学生のときにダンスオーディションで優勝し、翌年、ガールズヒップホップユニット「HALCALI」でデビュー。現在、モデルやタレント活動、料理のケータリングなど多方面で活躍。

彼女たちは走るペースも、頻度もさまざま。ランニングとの向き合い方は、ランナーの数だけある。でも、同じ大会を目指すと決めた3人の思いに刺激され、自分もフルを走ってみたいと感じたら、その思いを大切にしてほしい。彼女たちが走る湘南国際マラソンでは、すでに応募を締め切っているが、現在、10名の女性ランナーを追加募集している。フルマラソンを走る日は“いつか”ではなく、12月6日だ。
https://monipla.com/findyourbeta/campaigns/3661